link3650 link3651 link3652 link3653 link3654 link3655 link3656 link3657 link3658 link3659 link3660 link3661 link3662 link3663 link3664 link3665 link3666 link3667 link3668 link3669 link3670 link3671 link3672 link3673 link3674 link3675 link3676 link3677 link3678 link3679 link3680 link3681 link3682 link3683 link3684 link3685 link3686 link3687 link3688 link3689 link3690 link3691 link3692 link3693 link3694 link3695 link3696 link3697 link3698 link3699 link3700 link3701 link3702 link3703 link3704 link3705 link3706 link3707 link3708 link3709 link3710 link3711 link3712 link3713 link3714 link3715 link3716 link3717 link3718 link3719 link3720 link3721 link3722 link3723 link3724 link3725 link3726 link3727 link3728 link3729 link3730 link3731 link3732 link3733 link3734 link3735 link3736 link3737 link3738 link3739 link3740 link3741 link3742 link3743 link3744 link3745 link3746 link3747 link3748 link3749 link3750 link3751 link3752 link3753 link3754 link3755 link3756 link3757 link3758 link3759 link3760 link3761 link3762 link3763 link3764 link3765 link3766 link3767 link3768 link3769 link3770 link3771 link3772 link3773 link3774 link3775 link3776 link3777 link3778 link3779 link3780 link3781 link3782 link3783 link3784 link3785 link3786 link3787 link3788 link3789 link3790 link3791 link3792 link3793 link3794 link3795
トップページ > グルメ・食文化, 旅行・乗物 > 実物大ダンボーと恐怖の沈下橋だけでも四万十川の旅は面白い

実物大ダンボーと恐怖の沈下橋だけでも四万十川の旅は面白い

最後の清流 四万十川に沿ってのドライブ旅行。意外なことに、海洋堂の施設を見学できたり、かの有名な沈下橋がいくつもあったり、カヌーを楽しんだりと、大充実なのであります。

四万十川

ふらっと旅に出てしまいたい方は多いかと思います。
ところが、あてもなく旅に出ても、色々と持てあましたり行き先に困ったりするものです。そんな時に良さそうなのがこのTOYOTA「DriMuch(ドリマッチ)」というアプリなのです。現在、四国と能登の旅が用意されております。
DriMuch

で、TOYOTA主催のブロガー旅企画にのって、私とつなっこさん、そしてはぴいさんの三人で、四国は高知県を旅して参りました。

一週間の仕事を終えた金曜の夜、われわれ一行は羽田から飛行機に搭乗。気軽な週末ぶらり旅の始まりです。わずか一時間ほどのフライトで高知龍馬空港へ。その足で空港でレンタカーを借りて宿へ。

宿の近くの居酒屋で、土佐鰹やウツボやマンボウに舌鼓を打ちつつ、ドリマッチを眺めて「明日はここであれしようこれしよう」と旅程会議。
DriMuch

ノープラン、ノーガイドでふらっと飛行機に乗って知らない街に来ても、ドリマッチで旅程がレコメンドされてるから「明日なにしようか」なんて困ることがありません。とりあえずその各ポイントをゲーム感覚でたどっていくだけでも面白い旅ができます。つまり…

無計画なオレに最適!(笑)

さて翌朝ですが、ドリマッチの「清流 四万十コース」をたどってみました。旅の様子は以下の動画プレイリストをご覧ください。
ドリマッチ四国の旅(1) 清流 四万十ルート

スタート地点から宿までの往復だと、移動だけでも丸一日かかってしまうので、行けるところまで行ってみようという事で出発。途中で機材を四万十川に落としたり、カヌーを楽しんでたらパンツまでびしょ濡れという旅ならではのハプニングもあり(笑)
カヌー

ドリマッチでは各目的地のそばの「寄り道ポイント」も掲載されておりまして、さらに奥行きのある旅が楽しめます。「こんなところに海洋堂ホビー館四万十なんてのがあるのかよ!」ということで、立ち寄ってみました。
実物大ダンボー案外でかい!
おっさんとダンボー

なんか実物大ガンダムよりも実物大ダンボーのほうが意外な巨大感をおぼえてしまいました(笑)

そしてもちろん、掲載されてないポイントであってもクルマの旅なら「これは」と見つけた面白いものに気軽に立ち寄れてしまうのがいいところ。恐怖の沈下橋をつなっこさんが難なく渡ったり(笑)

とまあ、色々とあったわけですが、見知らぬ土地でもこれだけ充実した一日を過ごせたのはドリマッチのおかげさまですね。マンボウ食べてダンボー見て、高知県おもしろい!
スマートフォン・アプリ「DriMuch」 | GAZOO.com



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年9月19日 19:32

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー