link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164 link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277
トップページ > エンターテインメント > プレッパーズ ?世界滅亡に備える人々? ナショジオ・ドキュメンタリーが面白すぎる

プレッパーズ ?世界滅亡に備える人々? ナショジオ・ドキュメンタリーが面白すぎる

毎回ツッコミどころ満載。プレッパーという滅亡に備えるアメリカ人たちの風変わりな姿をたんたんと追う、笑えるドキュメンタリー番組。

ただいまナショジオ・チャンネルでアンコール放送中らしいですが、huluにもありますので視聴できる方はぜひ見てみてください。
プレッパーズ?世界滅亡に備える人々?|番組紹介|ナショナル ジオグラフィックチャンネル

原題:Doomsday Preppers

私このシリーズを最近huluで観ているのですけども、誇大妄想とか強迫観念とでも呼ぶべきレベルでしょうかね?こういうのって。以下、ややネタバレ的なことも含みますので未見の方はお気をつけ下さい。

そもそもプレッパーとは?
理由は何であれ世界終焉の日が来ると信じ、それに備えている人のことなのです。プレップ(prep)とは英語で「準備する」ことだそうで。その数は全米で300万人だとか。

番組では毎回2〜3組のプレッパーズが登場して、その備えについて語りサバイバル方法などを紹介してくれます。

が、初回からいきなり、映画「トレマーズ」のガンマニア夫婦さながらのご家族が登場。彼らの構築した要塞と食料の備蓄量を目の当たりにした時点でドン引き(笑)その後もシリーズ全編通して似たようなプレッパーズたちが登場します。

大抵の場合プレッパーズたちは皆一様に、金融破綻・天変地異・戦争などなどをきっかけに文明崩壊があると予想(妄信)して、まず食料備蓄から始めます。家族ぐるみでやってる場合が多いようですね。お子さんが可哀相です。食料備蓄から派生して、野草採集や狩りなども。

ところがそれだけでは安心しません。
自分たちだけがそういった備えをしているものだから、いつか事が起きたときには自分たちの備蓄食料が狙われるんじゃないかという疑念がわくのですよ。ここで世界滅亡に加えて、略奪者への心配も加わります。

それで次の段階として護身術をおぼえたり、銃で武装したりします。訓練も欠かしません。

あるプレッパーは、備えてないと生き残れないという旨の大見得を切ったあと、射撃訓練にて親指を自分で撃ちぬき失神してしまいました。これが子供たちの前での出来事なのですから、お父さんなんとも頼りない(笑)ていうか世界滅亡に備えたばっかりに、親指に重大な障害を負ってしまったのですから、端から見てると苦笑いしかできません。

また別のプレッパーは、略奪者の襲撃時に夫婦で銃を手に立ち向かう訓練をしていますが、作戦行動時の合図がモールス信号だけでは心もとないと、タガログ語までマスターしてしまう猛勉強ぶり。しかしどちらも暗号でなければ意味がありませんよね(笑)てか、テレビで言っちゃったら意味ないわ(笑)

元軍人なども何組か登場してプロっぽさも漂わせますが、いざ襲撃されたときの戦略・戦術について、ナショジオという世界配信のツンテンコにて事細かに明かしてしまったりと、この人たちは本当に大丈夫なのかと思ってしまいます(笑)

ある奥様プレッパーなどは旦那さんの理解を得られないため、旦那さんが出かけてる間に着々と準備をしているのだとか。屋根裏に非常用の物資を隠したりしている姿をナショジオで明かされては、旦那さんにナイショもなにもあったもんじゃないですよね(笑)

また、放射能汚染に備えている家族では、食べられる昆虫を採集する方々なども登場いたします。えっと、放射能汚染されたら野菜などに限らず昆虫だろうが何だろうが汚染されてるんじゃないでしょうか?と2010年を知る日本人なら誰しもが感じるところではないかと。

そしてその家族はミールワームなど食べられる虫も「備蓄」していたりします。事前に備蓄しておくなら虫じゃなくて普通の食べ物でもいいだろ?ただの昆虫食マニアじゃないかそれは?

終始そんな方々が登場するわけですから当然、ミリタリー系の服装や持ち物が多いです(笑)あんたら結局はミリヲタじゃないのか?(笑)

そしてこの人々はあるとばっちりを受けているそうです。『銃乱射事件で注目。世界の終わりに備える300万人「プレッパーズ」とは』という記事に書いてありました。

銃乱射事件の加害者アダム・ランザの母親ナンシーがプレッパーズの一員で、自活、自衛のために食糧や銃をためこんでいた、とナンシーの姉が証言したからだ。射撃練習場にアダムを連れていっていたという証言もある。ここだけ切り取ると、なんだかプレッパーズが危険な思想集団に見えてしまう!

プレッパーズのなかにも、周囲とのつながり、コミュニティのなかでの助け合いを大切にされる方もいるようです。番組でも何組かはそういった意見をお持ちでした。しかし大半は銃で武装するなどして、攻撃的な素養も含んでいるように見受けます。

プレッパーズを観賞して私は、同じくドキュメンタリー作品で銃乱射事件を扱った有名な映画、マイケル・ムーア監督の「ボーリング・フォー・コロンバイン」を思い出さずにはいられませんでした。番組に登場するプレッパーズたちの何組もが、食料備蓄や護身術・サバイバルツールなどでビジネスを興していることからも色々と考えざるをえません。
参考リンク:北朝鮮ミサイル発射の報道で再認識した恐怖訴求(2006年7月5日)

もちろんプレッパーズに対して安易に、差別的なレッテルを貼ることは避けねばなりません。しかしどことなくアメリカ社会の闇を感じとってしまいますよね。あと、他意はありませんが、かなり太ってる方が多いのが気になりました。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年10月 2日 21:25

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー