link5754 link5755 link5756 link5757 link5758 link5759 link5760 link5761 link5762 link5763 link5764 link5765 link5766 link5767 link5768 link5769 link5770 link5771 link5772 link5773 link5774 link5775 link5776 link5777 link5778 link5779 link5780 link5781 link5782 link5783 link5784 link5785 link5786 link5787 link5788 link5789 link5790 link5791 link5792 link5793 link5794 link5795 link5796 link5797 link5798 link5799 link5800 link5801 link5802 link5803 link5804 link5805 link5806 link5807 link5808 link5809 link5810 link5811 link5812 link5813 link5814 link5815 link5816 link5817 link5818 link5819 link5820 link5821 link5822 link5823 link5824 link5825 link5826 link5827 link5828 link5829 link5830 link5831 link5832 link5833 link5834 link5835 link5836 link5837 link5838 link5839 link5840 link5841 link5842 link5843 link5844 link5845 link5846 link5847 link5848 link5849 link5850 link5851 link5852 link5853 link5854 link5855 link5856 link5857 link5858 link5859 link5860 link5861 link5862 link5863 link5864 link5865 link5866 link5867 link5868 link5869 link5870 link5871 link5872 link5873 link5874 link5875 link5876 link5877 link5878 link5879 link5880 link5881 link5882 link5883 link5884 link5885 link5886 link5887 link5888 link5889 link5890
トップページ > デジタル一眼 > SONY α7 / α7R の実機を発売前に体験してきたよ。

SONY α7 / α7R の実機を発売前に体験してきたよ。

話題のフルサイズ一眼 ILCE-7 α7 および ILCE-7R α7R を銀座のソニーショールームにて試用できました。

もはや革命的なカメラといっても良いでしょう(おもに価格的に)。

ちまたで話題沸騰中のEマウント・ミラーレス一眼 SONY α7 と α7R の実機を発売前に体験してきました。
ILCE-7, ILCE-7R

Amazonで「SONY α7」の価格をしらべる
楽天市場で「SONY α7」の価格をしらべる

というわけで皆さん気になるシャッター音、EVFの精彩さなどもよく分かる、こちらの動画をご覧あそばせ。ついでに1インチ高倍率ズーム機 DSC-RX10の感想も含みます。

まあなんといっても α7 レンズキット安いわ。この内容だったら安いわ。せっかくのフルサイズセンサーなんだから安いキットレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」ではなくもっと良いのを…という考えは触ってみればスグ打ち砕かれますね。明るくはないけどインナーズームなので、ズームアップしてもレンズ伸びない、長さ変わらない。
ILCE-7R, FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
2013年の11月15日発売の時点で使えるフルサイズEマウント用のズームレンズはこれ一本だけなのである!!

ほんで α7R に至ってはキットレンズなどないので、同時発売予定の35mm単焦点レンズ「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」を使うほかないという…
ILCE-7, Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
標準ズームレンズも年明けまで待たなくてはならない。なんだこの暴挙は(笑)

とにかくレンズがないので体験会でもAマウントなどを持ち出してきています。
SONY Lenses

で、Aマウントレンズはどうするのかというと、新型のTLM内蔵マウントアダプター「LA-EA4」を介して装着するわけですが…
LA-EA4

上の写真、135mmのツァイスに件のマウントアダプターを噛ましておりますけども、そんなに違和感なくないですか?さすがにフロントヘビーにはなるものの、これを噛まして常用するのもアリだなと感じました。しかも合焦速度については上の動画ですこしご覧いただいたように実用的なスピード。Aマウントと同等と考えても良さそう。

ところで話は変わりますが、右肩天面に露出補正ダイヤルがあっていいですね。ほとんどのデジカメで露出補正はめんどくさいか分かりにくいから。
ILCE-7, ILCE-7R

デカいんじゃないの?と心配な方はこの写真をご覧ください。
ILCE-7
普通にミラーレスのサイズじゃないか!

デザインについては賛否ありますが、個人的にはNEX系のデザインが古臭くて苦手だったのでこちらの方が良いです。ただ、DSC-RX1のようにファインダーは後付けで良かったんではないかと思います。フルサイズの普及機であればなおさら蛇足でしょう。スマホがメインカメラの時代ですからね。

実際この体験会で、のべ30分ほど触れることができたのですけども、私はそのうちのほとんどをEVFではなく背面ディスプレイで撮影していました。廉価版などが発売の際にはぜひともファインダー無しでお願いしたいです。
Amazonで「SONY α7」の価格をしらべる
楽天市場で「SONY α7」の価格をしらべる

【ショッピングクレジット20回まで分割金利手数料無料】ソニー α7 ズームレンズキット 《11月1…



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年10月19日 18:52

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー