link438 link439 link440 link441 link442 link443 link444 link445 link446 link447 link448 link449 link450 link451 link452 link453 link454 link455 link456 link457 link458 link459 link460 link461 link462 link463 link464 link465 link466 link467 link468 link469 link470 link471 link472 link473 link474 link475 link476 link477 link478 link479 link480 link481 link482 link483 link484 link485 link486 link487 link488 link489 link490 link491 link492 link493 link494 link495 link496 link497 link498 link499 link500 link501 link502 link503 link504 link505 link506 link507 link508 link509 link510 link511 link512 link513 link514 link515 link516 link517 link518 link519 link520 link521 link522 link523 link524 link525 link526 link527 link528 link529 link530 link531 link532 link533 link534 link535 link536 link537 link538 link539 link540 link541 link542 link543 link544 link545 link546 link547 link548 link549 link550 link551 link552 link553 link554 link555 link556 link557 link558 link559 link560 link561 link562 link563 link564 link565 link566 link567 link568 link569 link570 link571 link572 link573 link574 link575 link576 link577 link578 link579 link580 link581 link582 link583
トップページ > デジタル一眼 > SONY α7 / α7R の実機を発売前に体験してきたよ。

SONY α7 / α7R の実機を発売前に体験してきたよ。

話題のフルサイズ一眼 ILCE-7 α7 および ILCE-7R α7R を銀座のソニーショールームにて試用できました。

もはや革命的なカメラといっても良いでしょう(おもに価格的に)。

ちまたで話題沸騰中のEマウント・ミラーレス一眼 SONY α7 と α7R の実機を発売前に体験してきました。
ILCE-7, ILCE-7R

▼Amazonで「SONY α7」の価格をしらべる
楽天市場で「SONY α7」の価格をしらべる

というわけで皆さん気になるシャッター音、EVFの精彩さなどもよく分かる、こちらの動画をご覧あそばせ。ついでに1インチ高倍率ズーム機 DSC-RX10の感想も含みます。

まあなんといっても α7 レンズキット安いわ。この内容だったら安いわ。せっかくのフルサイズセンサーなんだから安いキットレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」ではなくもっと良いのを…という考えは触ってみればスグ打ち砕かれますね。明るくはないけどインナーズームなので、ズームアップしてもレンズ伸びない、長さ変わらない。
ILCE-7R, FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS
2013年の11月15日発売の時点で使えるフルサイズEマウント用のズームレンズはこれ一本だけなのである!!

ほんで α7R に至ってはキットレンズなどないので、同時発売予定の35mm単焦点レンズ「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」を使うほかないという…
ILCE-7, Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
標準ズームレンズも年明けまで待たなくてはならない。なんだこの暴挙は(笑)

とにかくレンズがないので体験会でもAマウントなどを持ち出してきています。
SONY Lenses

で、Aマウントレンズはどうするのかというと、新型のTLM内蔵マウントアダプター「LA-EA4」を介して装着するわけですが…
LA-EA4

上の写真、135mmのツァイスに件のマウントアダプターを噛ましておりますけども、そんなに違和感なくないですか?さすがにフロントヘビーにはなるものの、これを噛まして常用するのもアリだなと感じました。しかも合焦速度については上の動画ですこしご覧いただいたように実用的なスピード。Aマウントと同等と考えても良さそう。

ところで話は変わりますが、右肩天面に露出補正ダイヤルがあっていいですね。ほとんどのデジカメで露出補正はめんどくさいか分かりにくいから。
ILCE-7, ILCE-7R

デカいんじゃないの?と心配な方はこの写真をご覧ください。
ILCE-7
普通にミラーレスのサイズじゃないか!

デザインについては賛否ありますが、個人的にはNEX系のデザインが古臭くて苦手だったのでこちらの方が良いです。ただ、DSC-RX1のようにファインダーは後付けで良かったんではないかと思います。フルサイズの普及機であればなおさら蛇足でしょう。スマホがメインカメラの時代ですからね。

実際この体験会で、のべ30分ほど触れることができたのですけども、私はそのうちのほとんどをEVFではなく背面ディスプレイで撮影していました。廉価版などが発売の際にはぜひともファインダー無しでお願いしたいです。
▼Amazonで「SONY α7」の価格をしらべる
楽天市場で「SONY α7」の価格をしらべる

【ショッピングクレジット20回まで分割金利手数料無料】ソニー α7 ズームレンズキット 《11月1…



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年10月19日 18:52

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー