link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131 link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164
トップページ > エレクトロニクス, デジタル一眼 > SONY DSC-RX100M2 もうスマホで撮るの恥ずかしくなる、危うく一眼レフいらなくなるレベルの高画質デジカメ

SONY DSC-RX100M2 もうスマホで撮るの恥ずかしくなる、危うく一眼レフいらなくなるレベルの高画質デジカメ

ソニーの高級コンデジのなかでも最下位に属する「RX100M2」ではありますが、1インチセンサーと明るいバリオゾナーT*レンズのおかげか、皆が褒めちぎる iPhone 5s のカメラなど軽く凌駕し、フルサイズ一眼のα99にも迫る勢いの高精細写真が撮影できてしまいました。

仕事がらみの旅行やら取材行やら趣味の撮影旅行などが多いと、大型のデジタル一眼だの交換レンズだのサブカメラだのサブのサブカメラだのとワケの分からないほど大荷物になったりします。

そこで私は決めました。
今月の完全プライベート旅行は一眼など持って行きません。

けど、スマホでは不足を感じます。画質は良くなってきたけれど、やっぱり望遠域が欲しいです。じゃあズーム付きのコンデジでも買うか!

という理由ができましたので、心置きなく話題の高級コンデジ、1インチ裏面照射型CMOSセンサー搭載のソニーDSC-RX100M2を購入しました。

先代のRX100のときから画質には定評ありましたし、一眼のサブ機としても名高い製品でしたけども、マーク2となってようやく私の運用にもかなうスペックになりましたので、価格がこなれてきたこのタイミングで今回の購入となりました。以下がその実機写真
SONY DSC-RX100M2
※ 写真は、別売りの純正アタッチメントグリップAG-R1を装着した状態。

そして以下が、はじめてスマホ連携して撮影してみたときのビックリ顔です。頭髪やら無精ヒゲやら毛穴の老化具合やらもうすべて白日の下にさらされた感じですね。一眼レフ使っててこんなにシャープにビシッと撮影できたことあったかな?
ビックリ!
ともかく、今までスマホ撮影などで美人に写ってたおまえさんたちも気をつけなさい。ハイビジョン化でしわしわが露呈した熟女タレントのようになってしまいますから。

こちらはフルHD動画から抜き出した一コマ。
もうね、いろいろどうでも良くなるレベルですよね。
RX100M2箱 動画から抜き出し

そして以下は、RX100M2 および フルサイズ一眼α99 にて撮影した動画から抜き出した静止画です。どちらがどちらの作例か分かりますでしょうか?背景ボケの大きいほうがフルサイズですよね。
動画から抜き出しRX100M2動画から抜き出しα99

まあ設定などは特に考えずにポチっと撮影しはじめた動画ではあります。そのうえピント合わせもろくにせずAFまかせなので若干ブレやピンボケも感じます。にしても、比較する価値はあるじゃろ?

そして同様に、テキトーにパシャりと撮影した静止画です。こちらも背景ボケの大きいほうがα99で撮影したもの。α99のほうが暗くなってしまいましたが、厳密に位置や各設定を合わせたわけではないので、その点は無視してください。
RX100M2
α99 SLT-A99V
RX100M2よりも、α99のほうがややナチュラルな色使いかなと思います。どちらにしろ一発でソニー製品だと分かってしまうような、彩度が高くハイコントラストな画作りではありますけどね。

メーカー的にはF1.8の明るいツァイスレンズを売り文句にしていますが、当然ながらそれは広角端のみの値です。ズームアップするごとに暗くなります。各焦点距離(35mm判換算)でのF値は以下の通り

28mm のとき F1.8
35mm のとき F2.8
50mm のとき F3.2
70mm のとき F4.0
100mm のとき F4.9

なんと焦点距離50mmの時点でF3.2まで暗くなってしまうのですね。この100mmまでで光学3.6倍ズームです。それ以降は明るさを変えずに全画素超解像ズームが7.2倍(換算200mmくらい?)まで利用できます。さらにデジタルズームを併用すれば14倍(換算392mmほど)まで望遠になります。どこまで画質劣化に目を瞑るかにはなりますけども、全画素超解像ズームで換算200mmだったら、大抵の旅行では事足りるのではないでしょうか。

さて、先の動画でも大々的にフィーチャーしておりましたが、もしもスマホだけで旅行に行ってしまった場合、夜景撮影などはどのようになっていたのかという恐怖の比較です。もはやスマホカメラの完成形ではないかとも評される iPhone 5s のカメラと RX100M2 を比較してみました。
iPhone 5s 団地夜景
RX100M2 団地夜景

どちらがどの写真かというまでもなくお分かりでしょうけど、上段がiPhone 5sで、下段がRX100M2です。明るさ的にはややiPhoneのほうが暗いだけとも言えますが、こうした縮小画像であってもノイズ量が格段に違いますね。画像クリックで大サイズも見ることができます。

以下もおなじく上段がiPhoneになります。どちらも暗い写真ですが、下段のRX100M2のほうがノイズは少ないですね。上段のiPhoneのほうは左端になにやらフレアがございます。
iPhone 5s 夜景
RX100M2 夜景

これはiPhoneも頑張った!と言いたいところですが、奥の建物のディテールを見るとやはりRX100M2圧勝です。
iPhone 5s 夜景
RX100M2 夜景

街灯の立ち並ぶ小径ですが、これはもうiPhoneだと画面中央に大々的にゴーストが… 路面タイルの質感もまるで違う… 雨上がりのしっとり濡れた路面をRX100M2はよく描写してます。
iPhone 5s 夜景
RX100M2 夜景
左の建物の壁面に反射した街灯のあかりも、iPhoneでは飽和してしまっていますね。

そして最後、巨大なタワービルディングですけども、嗚呼これは目も当てられない惨状…
iPhone 5s ビル夜景
RX100M2 ビル夜景

フェアじゃない!
デジカメとスマホを比較するのはフェアじゃないのは分かってる!でも現実的な運用でいうと『スマホあるからコンデジ要りません』という意見が大半かとも思うのです。ところが今回、私は大きく意見を変えました。

この RX100M2 があれば、もうスマホの写真には戻れないし、デジイチなどは持って行く気にもならない。うーん、恐ろしいものに触れてしまいました。パンドラの箱をあけた気分というのはまさにこのこと…
アマゾンで「RX100M2」を調べる
楽天市場で「RX100M2」を調べる



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年10月27日 17:57

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー