link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232 link1233 link1234 link1235 link1236 link1237 link1238 link1239 link1240 link1241 link1242 link1243 link1244 link1245 link1246 link1247 link1248 link1249 link1250 link1251 link1252 link1253 link1254 link1255 link1256 link1257 link1258 link1259 link1260 link1261 link1262 link1263 link1264 link1265 link1266 link1267 link1268 link1269 link1270 link1271 link1272 link1273 link1274 link1275 link1276 link1277 link1278 link1279 link1280 link1281 link1282 link1283 link1284 link1285 link1286 link1287 link1288 link1289 link1290 link1291 link1292 link1293 link1294 link1295 link1296 link1297 link1298 link1299 link1300 link1301 link1302 link1303 link1304 link1305 link1306 link1307 link1308 link1309 link1310 link1311 link1312 link1313
トップページ > Apple, iPhone・iPad・iPod > iMovieがいまいち使いにくいのはサムスンVSアップル訴訟合戦が絡んでますか?

iMovieがいまいち使いにくいのはサムスンVSアップル訴訟合戦が絡んでますか?

バージョンアップでピクチャー・イン・ピクチャーできるようになったiMovieを見て思うことなど。

つれづれなるままに書きなぐっておきますけども、私このたびリリースとなった「iMovie 2.0」について違和感が絶大でした。

ピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)ができるようになったのです!

たとえばこんな映像があったとして
Danboard

さらにこんな映像もあったとして
Danboard

これらをiMovie上で重ねることができるわけです。
iMovie 2.0

バラエティ番組やワイドショーなどでVTRを見ながらリアクションをとるような、おなじみの演出ですよね。
PinP

ピクチャー・イン・ピクチャーの位置は変更もできますし…
iMovie 2.0

画面二分割などにもできます。対話型のコンテンツにも良さそうね。
iMovie 2.0

で、もちろんそういった機能が付加されることは喜ばしいのですけども、この iMovie 2.0 に関しては必ずしも使いやすいというわけではないのです。

考えてもみてください。
先にも書いた通り、コメンタリーだったり対話だったりすると、2カメまわすということが大前提になります。もしくは何らかの方法で同期をとるかでしょ。これが iMovie 2.0 ではまったくできないのです。

さてここで、サムスン Galaxy S4デュアルショット機能の動画をご覧ください。

前面カメラと背面カメラの両方で同時撮影して、ピクチャー・イン・ピクチャーを実現しています。これがデュアルショット。瀬戸弘司さんについては以前より鏡を使って同様の工夫をしていたくらいで、これはかなり有用なのではないかと思います。

LGエレクトロニクスの端末 Optimus G pro L-04E に搭載されたデュアル録画という機能が、サムスン Galaxy S4 デュアルショットよりも若干早かったのかな?ほかにも同様の機能を搭載した端末が今年後半登場しております。
HTC One max デュアルキャプチャー
● サムスン Galaxy Note 3 デュアルショット
など

それで iMovie のほうに話を戻しますけども、2カメ同録でもなきゃ、下に敷いたシーケンスを見ながら撮影できるわけでもなく、じゃあこれは一体どう使えるのかと?

まずはビデオカメラを2台まわして、Lightning — USBケーブルで iPad だか iPhone だかに吸い出して、カチンコか何かを起点に合わせて編集するわけですか?対話などの場合には、音声もきちんと考えておかなければいけませんね。

おっと、ビデオカメラはAVCHDではなくMP4またはMOVで記録できるものに限るわけです!

うーん、ここまでやるんだったらパソコンのほうで Premiere Pro でも利用したほうが圧倒的に楽です。そもそも iMovie では2つのビデオトラックしか扱えません。ですからピクチャー・イン・ピクチャーができるとはいえ、4分割マルチ画面のようなこともできませんし、同期がとれないのでリップシンクしたマルチカメラ編集ができるわけでもないです。

つまり私が言いたいのは、スマホやタブレットにおけるピクチャー・イン・ピクチャー様の動画作成の方法としてはサムスン Galaxy S4 に搭載されたデュアルショットが正解なのだろうということです。

そんなことは当のアップルも分かっているかもしれないし、搭載しようとしていたのかもしれません。その名残が、iMovie のような形で出てきたようにも見えます。それくらい中途半端に感じるものです。いや、もしかしたら今後のための布石かもしれないですね。

かのギズモードは過去にこんな予想記事を出しています。
iPhone 5Sは指紋認証やデュアルショット機能を搭載、iPhone 6は大型ディスプレイを搭載し2014年6月発表との噂

記事では『これまで数々の予測を当ててきたアナリストの発言』として『Galaxy S4で採用された両面のカメラを同時に起動して撮影者も写真の中に収まることができる「デュアルショット」機能に対応するとのこと』と書いてあります。ところがふたを開けてみれば、ビデオ撮影では720pのスローモーション機能が加わったのみでした。

というところで、気になる知恵袋を見つけました。
iOS7で、デュアルカメラの話はなかったですが、あれってハード依存の部分もあるか… — Yahoo!知恵袋

サムスンのパクリって言われますよ?(こっから先は想像の通りです)

嗚呼
そりゃあごもっともで(笑)
標題の通り、サムスンとアップルの二社は激しい特許訴訟合戦を繰り広げていたのでしたよね。デュアルカメラ周りにどういう知財が絡んでるのか分かりませんけど、アップルが二の足踏んでるのでしたらとても残念だなと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年11月 2日 17:55

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー