link5548 link5549 link5550 link5551 link5552 link5553 link5554 link5555 link5556 link5557 link5558 link5559 link5560 link5561 link5562 link5563 link5564 link5565 link5566 link5567 link5568 link5569 link5570 link5571 link5572 link5573 link5574 link5575 link5576 link5577 link5578 link5579 link5580 link5581 link5582 link5583 link5584 link5585 link5586 link5587 link5588 link5589 link5590 link5591 link5592 link5593 link5594 link5595 link5596 link5597 link5598 link5599 link5600 link5601 link5602 link5603 link5604 link5605 link5606 link5607 link5608 link5609 link5610 link5611 link5612 link5613 link5614 link5615 link5616 link5617 link5618 link5619 link5620 link5621 link5622 link5623 link5624 link5625 link5626 link5627 link5628 link5629 link5630 link5631 link5632 link5633 link5634 link5635 link5636 link5637 link5638 link5639 link5640 link5641 link5642 link5643 link5644 link5645 link5646 link5647 link5648 link5649 link5650 link5651 link5652 link5653 link5654 link5655 link5656 link5657 link5658 link5659 link5660 link5661 link5662 link5663 link5664 link5665 link5666 link5667 link5668 link5669 link5670 link5671 link5672 link5673 link5674 link5675 link5676 link5677 link5678 link5679 link5680 link5681 link5682 link5683 link5684 link5685 link5686 link5687 link5688 link5689 link5690 link5691 link5692 link5693
トップページ > GarageBand, Logic Pro, エレクトロニクス > スタインバーグUR22 安価ながら192khz/24bitレコーディング対応

נערות ליווי בחיפה

スタインバーグUR22 安価ながら192khz/24bitレコーディング対応

このスペックのUSBオーディオインターフェイスで発売当初の相場が14,800円程度って、すごい時代になってきましたね。

私がさいごに購入したまともなオーディオインターフェイスは、USBではなくFireWireで接続するタイプのローランドFA-66でした。

だってその当時まだUSB1.0とかで、192khz/24bitのレコーディングなどはFireWire接続するしかなかったんですよ。(って言うわりには96khzでの録音くらいしかしてないけどw)

そのFA-66といえばもう発売から8年目じゃないかと思いますけどもまだ販売されておりますね。しかもまったく値崩れしてない。上位機種FA-101はすでに販売終了したのに、こちらはまだまだディスコンは遠そう。

Mac宅録の決定版だったわけで、それなりの高スペックでありました。ところが、ユーザである私のほうが時を経ていつのまにかヘナチョコなことしかやらなくなりまして、モバイルDTMとか口走るようになってからはポケットに入るオーディオインターフェイスしか使わなくなってしまいました。

しかし、そろそろまともなものが欲しいなとは思っていたのです。もちろんウチのFA-66もいまだ現役で使用できる状態ではあるのですが、FireWire接続というのをどうすればいいのやら(笑)いまや時代はUSB3.0でありますから、同等といわないまでも96khz/24bitくらいで録れるものがないかと探してみたところ…

あらま、スタインバーグから先日発表されたのですね!
安価ながら192khz/24bitレコーディング対応のスタインバーグUR22だそうです。FA-66にも迫るほどのスペック。

世の中的には、さきほども触れたモバイルの方向だとか、あとはiPad対応みたいなことばかり目立ってましたけども、そろそろこういう正統派のちゃんとした堅いものが出てこないかとは期待してたんですよね。お小遣いレベルの出費で192khz/24bitレコーディング、まるで夢のようであります。

この2月6日よりオープンプライスで発売とのことですが、ふたを開けてみれば各楽器店だいたい14,800円スタートですね。ネットのほうでも楽器店が出店してるところならだいたいその価格設定かと思います。今すぐ必要ってわけじゃないけど、次オーディオインターフェイス買うならこれかな。
▼steinberg / スタインバーグ UR22 オーディオインターフェース

迷ったらコレ!高音質、コンパクト、低価格で入門用にも最適なオーディオインターフェース!Ste…

【1/21am9:59迄GOLD以上3倍レギュラー以上2倍】【Joshin webはネット通販1位(アフターサービス…



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年1月19日 06:21

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー