link5206 link5207 link5208 link5209 link5210 link5211 link5212 link5213 link5214 link5215 link5216 link5217 link5218 link5219 link5220 link5221 link5222 link5223 link5224 link5225 link5226 link5227 link5228 link5229 link5230 link5231 link5232 link5233 link5234 link5235 link5236 link5237 link5238 link5239 link5240 link5241 link5242 link5243 link5244 link5245 link5246 link5247 link5248 link5249 link5250 link5251 link5252 link5253 link5254 link5255 link5256 link5257 link5258 link5259 link5260 link5261 link5262 link5263 link5264 link5265 link5266 link5267 link5268 link5269 link5270 link5271 link5272 link5273 link5274 link5275 link5276 link5277 link5278 link5279 link5280 link5281 link5282 link5283 link5284 link5285 link5286 link5287 link5288 link5289 link5290 link5291 link5292 link5293 link5294 link5295 link5296 link5297 link5298 link5299 link5300 link5301 link5302 link5303 link5304 link5305 link5306 link5307 link5308 link5309 link5310 link5311 link5312 link5313 link5314 link5315 link5316 link5317 link5318 link5319 link5320 link5321 link5322 link5323 link5324 link5325 link5326 link5327 link5328 link5329 link5330 link5331 link5332 link5333 link5334 link5335 link5336 link5337 link5338 link5339 link5340 link5341 link5342
トップページ > エレクトロニクス, 防水デジカメ > 全GoProユーザ注目!ついに純正レンズプロテクター(保護レンズ)が発売された

全GoProユーザ注目!ついに純正レンズプロテクター(保護レンズ)が発売された

GoPro HERO3 および HERO3+ に対応したプロテクティブレンズ(撮影時にレンズを保護するプロテクター)が本家GoProブランドより登場。

ここ半年ほど「GoPro HERO3」を利用しています。

おおむね気に入ってるのですが…
付属の防水ハウジングがなかなかの重量だったりします。
飛びものラジコンへの搭載や、ヘルメットアームへの荷重などを考えると、少しでも軽いほうが良いですから、真っ先にそのハウジングを外してGoProを丸裸にすることを考えます。

それに、USBで外部マイクを入力したり、USB給電したりするには、防水ハウジングを取り外す(またはスケルトンハウジングを購入する)必要がありました。もしくはハウジングなしでGoPro裸族になるか、はたまたネイキッドフレームを利用するか。

まあそれ自体は仕様ですからそれで良しとしても、いざ剥身になったGoProを見てみると、レンズまわりの危うさをとても感じます。これまでレンズキャップは発売されておりましたけども、撮影時には必然的に取り外すことになりますし、根本的な解決はされておりませんでした。

ところが、最近になってHERO3+ の発売とあわせて、いよいよ純正の保護レンズ(レンズプロテクターフィルターの類い)が発売されたのです。
GoPro Protective Lens

AGCLK-301(保護レンズ2枚セット)」および「ALCAK-302(保護レンズ+カバーのセット)」 に含まれています。

私は公式サイトで両方を注文できましたが、アマゾン、楽天市場では今日現在のところ「ALCAK-302(保護レンズ+カバーのセット)」のみオーダーできるようです。
Go Pro 【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro プロテクションレンズ&カバーALCAK-302

GOPROプロテクティブレンズ&カバー ALCAK-302 [ALCAK302]

先日届きましたので、早速「GoPro HERO3 シルバーエディション」に装着してみたのが以下の動画になります(実写サンプル含)。

ネジなどが切ってあるわけではないので、さくっとハメ込むかたちのものです。それだけなのですが、ちゃんと固定されて逆さにしても落ちないですね。保護レンズ透明部分の材質はハウジングなどと同じプラスチックかな?

あと動画中でも言ってますが「ALCAK-302(保護レンズ+カバーのセット)」に付属する、ハウジング用のレンズカバーについては、HERO3のハウジングには合いません。HERO3+用のようです。

GoProは魚眼レンズのデジカメですから、やはりこういったプロテクターフィルターの類いを装着するとケラレが心配になりますけども、HERO3 シルバーエディションでは画質の面もふくめ全く気になりませんでした。(屋外の逆光だとハレーション等はあるかもしれませんが、今日のところはまだテストできてません)。

ともかく、これまで躊躇していた皆さんも、GoPro裸族への道が一気に開けてしまったわけですから、これは買っておいて損はないでしょう。

Go Pro 【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro プロテクションレンズ&カバーALCAK-302

GOPROプロテクティブレンズ&カバー ALCAK-302 [ALCAK302]



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年12月13日 17:16

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー