link1314 link1315 link1316 link1317 link1318 link1319 link1320 link1321 link1322 link1323 link1324 link1325 link1326 link1327 link1328 link1329 link1330 link1331 link1332 link1333 link1334 link1335 link1336 link1337 link1338 link1339 link1340 link1341 link1342 link1343 link1344 link1345 link1346 link1347 link1348 link1349 link1350 link1351 link1352 link1353 link1354 link1355 link1356 link1357 link1358 link1359 link1360 link1361 link1362 link1363 link1364 link1365 link1366 link1367 link1368 link1369 link1370 link1371 link1372 link1373 link1374 link1375 link1376 link1377 link1378 link1379 link1380 link1381 link1382 link1383 link1384 link1385 link1386 link1387 link1388 link1389 link1390 link1391 link1392 link1393 link1394 link1395 link1396 link1397 link1398 link1399 link1400 link1401 link1402 link1403 link1404 link1405 link1406 link1407 link1408 link1409 link1410 link1411 link1412 link1413 link1414 link1415 link1416 link1417 link1418 link1419 link1420 link1421 link1422 link1423 link1424 link1425 link1426 link1427 link1428 link1429 link1430 link1431 link1432 link1433 link1434 link1435 link1436 link1437 link1438 link1439 link1440 link1441 link1442 link1443 link1444 link1445 link1446 link1447 link1448 link1449 link1450 link1451 link1452 link1453 link1454 link1455 link1456 link1457 link1458 link1459
トップページ > IT, Internet > ソーシャルメディアサミットのパネリストやってきました

ソーシャルメディアサミットのパネリストやってきました

ハッシュタグ #サミット って強気だなあ(笑)

最近いつもイベント出演のお知らせは事後になってしまうのですが、今回も例によってそうなってます(笑)

ソーシャルメディアサミット2013

ソーシャルメディアサミットは、「ソーシャルメディア」というキーワードが、注目されるようになっている一方で、定義が曖昧なままイメージだけが先行してしまっている状況を改善するために、業界のキーマンに、各サービスが目指している世界観や、今後の方向性について紹介して頂き、日本におけるソーシャルメディアの可能性について議論しているイベントです。

日時:2013年1月21日(月)13:00〜19:00
会場:ベルサール九段
主催:アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

ほぼ満員、400人くらい入ってたとのことで大盛況ですね。

ソーシャル周りのモヤモヤっとしたことが、依然モヤモヤっとしたままではありましたが、モヤモヤっとしてることの再確認と共有だけでも今のところまだまだ意義あるような気もします。くれぐれもそのモヤモヤ感を安住の地としないように企業のご担当者さまは社内の空気も読まずに前進していただきたいと思います。

自己紹介の余談だけビデオ撮ったんで、ご覧くだしあ。

インターミッション中に喫煙室でちょっとお話した来場者の方は、コピー機の販売会社の方でした。コピー機といえば訪問販売、なかでも飛び込み営業が多いとのことですが、それでもソーシャルメディアの波とは無縁ではいられないそうで。

こういったイベントでは、ソーシャルメディアとBtoBについては事象の地平線の向こう側にあるかのように位置づけられることもしばしばですが、いしたにさんの話なんかかなり近いところにあったんじゃないかと思います。

そもそも「お前だれ?」という来歴沿革にはじまり商品やらパテント自慢やら、昔なら運良くメディアが取材に来てくれたり、業界紙になんとなく載せてたりすることが、いま自分から発信していく時代ですし、ことBtoBに関しては発信していかないと「お前だれ?」になるんですよね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年1月22日 12:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー