link4110 link4111 link4112 link4113 link4114 link4115 link4116 link4117 link4118 link4119 link4120 link4121 link4122 link4123 link4124 link4125 link4126 link4127 link4128 link4129 link4130 link4131 link4132 link4133 link4134 link4135 link4136 link4137 link4138 link4139 link4140 link4141 link4142 link4143 link4144 link4145 link4146 link4147 link4148 link4149 link4150 link4151 link4152 link4153 link4154 link4155 link4156 link4157 link4158 link4159 link4160 link4161 link4162 link4163 link4164 link4165 link4166 link4167 link4168 link4169 link4170 link4171 link4172 link4173 link4174 link4175 link4176 link4177 link4178 link4179 link4180 link4181 link4182 link4183 link4184 link4185 link4186 link4187 link4188 link4189 link4190 link4191 link4192 link4193 link4194 link4195 link4196 link4197 link4198 link4199 link4200 link4201 link4202 link4203 link4204 link4205 link4206 link4207 link4208 link4209 link4210 link4211 link4212 link4213 link4214 link4215 link4216 link4217 link4218 link4219 link4220 link4221 link4222 link4223 link4224 link4225 link4226 link4227 link4228 link4229 link4230 link4231 link4232 link4233 link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246
トップページ > デジタル一眼 > カバンにも入る超おりたたみ三脚 ベルボン「UT-50」(ウルトレックUT-53Qの脚のみ)を使っている感想

カバンにも入る超おりたたみ三脚 ベルボン「UT-50」(ウルトレックUT-53Qの脚のみ)を使っている感想

旅行にはうってつけの縮長27.5cm、もうすぐ発売と噂のベルボン三脚「ウルトレック ULTREK UT-53Q」の脚のみの製品、UT-50が並行輸入で入手できますので、購入して使い倒しております。

ベルボンから旅行にうってつけの三脚ウルトレックシリーズというのが販売されております。

現行品は、小型のULTREK UT-43Q および大型の ULTREK UT-63Q という二種になります。

どのように旅にうってつけなのかといえば、180度脚が裏返しに畳める機構につきます。これにより30cmをきる縮長を実現しているんですね。以下はCP+ 2013でのベルボンブースでのインタビューであります。

小さい43Qでは心もとなく、大きい63Qは持ち運べるか自信がない。そういった方のためのミドルクラスULTREK UT-53Qもじつは去年から同時発表されていたのですが、一年経ってようやくそろそろ発売ではないかとのこと(インタビュー動画より)。

ですが、私こないだ台湾への撮影旅行をするにあたり、どうしてもその未発売のULTREK UT-53Qが欲しくなり、色々と考えたあげく意外な解決法を見つけてしまいました。

日本ではこのウルトレックシリーズ、雲台とセットになった商品のみラインナップされてるのですが、おとなり中国では脚だけでも販売してるそうなんです。で、件のULTREK UT-53Q の脚のみの製品「UT-50」というのを購入いたしました。
Velbon ベルボン 三脚 ウルトレック ULTREK UT 50 【並行輸入品】

そうなると当然、雲台も必要になってくるわけですが、これはもう私のお気に入りのこれしか考えられない。
ケンコー・トキナー JOBY ゴリラポッド 自由雲台 BH1 086834

装着してみると、ボールヘッドを留めるネジが大きすぎて、三脚を畳んだときに邪魔になってしまいましたが、うまく位置を調整してやることで、なんとか綺麗に折りたたむことができました。もともと気に入ってる雲台ですし、使い勝手は上々です。

台湾での撮影にも大活躍してくれました。
台北市内

九份パノラマ

ただし、α99のような重量のあるフルサイズ一眼では、長秒露光などで使うにはやや不安がありますね。

台湾へはキヤノンEOS 60Dという比較的軽量なデジタル一眼レフを持って行ったのですが、運良く撮影してるあいだは無風状態だったというのもあり、長秒露光で夜景もバッチリ撮影できました。
台北市内

さて、この脚のみの「UT-50」を使って、UT-53Qの仕様とまったく同じにすることもできるようです。以下のQHD-53Qという雲台を装着するそうです。ただ、ゴリラポッドの自由雲台よりも価格が倍以上になってしまうため、私はあきらめました。
Velbon 自由雲台 クイックシュー装備 QHD-53Q

UT-43Q および UT-63Q の脚のみの製品、UT-40 と UT-60 も並行輸入品がアマゾンにて販売されております。ご参考まで。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年2月25日 19:09

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー