link3650 link3651 link3652 link3653 link3654 link3655 link3656 link3657 link3658 link3659 link3660 link3661 link3662 link3663 link3664 link3665 link3666 link3667 link3668 link3669 link3670 link3671 link3672 link3673 link3674 link3675 link3676 link3677 link3678 link3679 link3680 link3681 link3682 link3683 link3684 link3685 link3686 link3687 link3688 link3689 link3690 link3691 link3692 link3693 link3694 link3695 link3696 link3697 link3698 link3699 link3700 link3701 link3702 link3703 link3704 link3705 link3706 link3707 link3708 link3709 link3710 link3711 link3712 link3713 link3714 link3715 link3716 link3717 link3718 link3719 link3720 link3721 link3722 link3723 link3724 link3725 link3726 link3727 link3728 link3729 link3730 link3731 link3732 link3733 link3734 link3735 link3736 link3737 link3738 link3739 link3740 link3741 link3742 link3743 link3744 link3745 link3746 link3747 link3748 link3749 link3750 link3751 link3752 link3753 link3754 link3755 link3756 link3757 link3758 link3759 link3760 link3761 link3762 link3763 link3764 link3765 link3766 link3767 link3768 link3769 link3770 link3771 link3772 link3773 link3774 link3775 link3776 link3777 link3778 link3779 link3780 link3781 link3782 link3783 link3784 link3785 link3786 link3787 link3788 link3789 link3790 link3791 link3792 link3793 link3794 link3795
トップページ > グルメ・食文化, 旅行・乗物 > 新幹線で行くオレのディスカバー西日本 広島・宮島・呉・尾道の旅

新幹線で行くオレのディスカバー西日本 広島・宮島・呉・尾道の旅

何もかもが最高でありました。また訪れたいと思った広島県の旅の記事まとめであります。

最近はなんでもリアルタイム性が尊ばれておりまして、旅先でささっとブログを公開してしまうというのもありますけれども

私そういったことはTwitterのほうに丸投げしておりますので、リアルタイム更新したものを追体験してみたい方は、Togetterのほうに三日分のまとめを設けましたので、そちらをご覧くださいませ。(じつはコレがなかなか面白い)

以下のリンク先になります。

  1. ジェットダイスケ広島の旅1日目、広島市内&宮島 厳島神社
  2. ジェットダイスケ広島の旅2日目、呉 大和ミュージアム他
  3. ジェットダイスケ広島の旅3日目、尾道をゆく

写真は、東京駅に着いたときのミニダイスケ。
現在地

で、あとは旅程もすべて終えて帰宅してからつらつらと書き上げた記事ではございますが、Twitterでは書き切れてないことも含んでるとは思いますので、ご一読いただければと思います。以下に記事へのリンクをリストアップしております。

が、その前にこの旅の動画を(観たひとも未見のひとも)もういちどご覧ください。

まあ、見たからといって何かあるとは言いませんけども、もう一回見てほしかっただけです(笑)

ただ、動画の最後のほうのセリフ、また訪れたいというのは本当の気持で、特に宮島と尾道は絶対に再訪したいですね。

どっかの記事でも書いたけども、旅するというのはその旅先について関心を持つことでもありまして、わたしゃただの旅人ですから行く先々でそこのあれやこれやに責任を持つことはないですけども、それでも関心は高まった旅でした。良かった良かった。

今回の旅のブログ記事リンクは以下になります、よろしくお願いいたします。

  1. ディスカバー・ウエスト 新幹線でゆく広島の旅
  2. 原爆ドームと、本当の爆心地と。
  3. 広島風お好み焼き、というか府中焼き「としのや」と名勝 縮景園
  4. 安芸の宮島 厳島神社は日本人なら絶対見ておくべき
  5. 夜の宮島、厳島神社の大鳥居ライトアップを楽しむための注意点等
  6. 海上自衛隊の歴史は二次大戦直後の掃海任務から始まっていた
  7. 大和ミュージアム 呉市海事歴史科学館
  8. 東京でもう生ガキ食べないと誓った夜
  9. さくら新幹線N700系7000-8000番台がゴージャスすぎてたまげた
  10. 尾道ラーメン朱華園 しゅうかえん
  11. 尾道の観光なら千光寺山ロープウェイを上手く使うと良さそう
  12. 尾道三部作「転校生」の有名な階段落ちシーンのロケ地へ
  13. あのデロリアンDMC-12を自作EVにしてしまった藤井さん


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年3月27日 04:09

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー