link560 link561 link562 link563 link564 link565 link566 link567 link568 link569 link570 link571 link572 link573 link574 link575 link576 link577 link578 link579 link580 link581 link582 link583 link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699
トップページ > iPhone・iPad・iPod, おもちゃ・ホビー > 「iPadがつくバッグ」は情報アクセス最速バッグだった

「iPadがつくバッグ」は情報アクセス最速バッグだった

iPad(含iPad mini)または書籍をカバンから出すことなく素早く扱うことができるバッグ

ごそごそっとバッグのなかに入った書籍またはiPadを出すときの違和感みたいなものをおぼえる方は少なくないんじゃないでしょうか。

ひらくPCバッグ」や「とれるカメラバッグ」などが大ヒットしてるバリューイノベーション南社長より連絡いただきまして、iPadがつくバッグをちょっとモニターしてみることになりました。
iPadがつくバッグ

さくっと動画で説明してますんで、ご覧くださいませ。

海外旅行や出張などでのセキュリティに配慮したつくりですので、海外滞在中のお出かけバッグとして想定されているんでしょうかね。貴重品は奥深くに隠れはしますが、iPadがこの状態だと完全にデコイになってしまう感はありますが(笑)

そういう危険地帯ではiPadではなく「地球の歩き方」のようなガイドブックを装着しておくほうがよろしいんでしょうな。

では、動画も見終わったところで最大の特徴であります「iPadがつく」点についておさらいであります。

こういった別売りの iPad miniケースもしくはiPadケースをベルクロで装着できるようになっております。
iPad mini ケース

このフラップのところに
フラップ開く

ベルクロで挟んでおく感じですね。
フラップ閉じ

フラップ自体はバッグの開閉とはまったく関係なく、iPadケースやブックカバー装着のためだけに存在しています。

iPadを使うには、ぺろりっと出す感じ。
iPadケース装着状態

iPadなどのタブレットをお使いの方、よくお分かりかと思いますけども、ガサゴソとバッグのなかをあさってタブレットを取り出すことさえ億劫だったり、そうでなくとも他のものに埋もれてゴチャゴチャっとしてたり、そんなちょっとした事で使用機会は減るんですよね。

その点、この「iPadがつくバッグ」のようにiPadケースが別立てになってれば、iPad利用機会は増えるんではないでしょうか。iPhoneなみにサッと取り出せるなら、そして落としにくいということであれば、iPadも使わない理由はありません。特に3Gモデルの方はそうでしょう?

動画のなかでも申しておりますが、本でもiPadでも、いま求めている情報へのアクセスが素早く成せるというのは、いまどきの感覚としてとても良いなと。バッグを開いて中をゴソゴソする面倒さや、本やiPad専用ポケットがないことへの物足りなさはありますから。

ただ、個人的にちょっともったいないなと思うのは、これを「iPad用」としてしまったことですね。別売りのiPadケースは、あきらかにiPadのケースなんですけども、ほかのタブレット用のもあれば良かったかも。

もしくは、7インチタブレットに限定することで、ベルクロ装着ではないもう少し洗練された使用スタイルを考えられたんではないかなという気がします。(今後、Nexus 7用とかKindle Fire用ケースとかも発売されるんでしょうかね?)

バッグ、ケースともに楽天市場やSUPER CLASSICのサイトからの直販で購入できます。以下は楽天市場・購入ページへのリンク。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年3月29日 20:54

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー