link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437
トップページ > エンターテインメント > 可変ロボ好きなら必見のページ「完全なる変形」

вебсайт

可変ロボ好きなら必見のページ「完全なる変形」

往年の名作ロボアニメを網羅、可変ロボ、変型合体ロボを独自の視点からデザインし直したスゴい人がいらっしゃいました。

なんとなく調べものをしていたら、偶然出会したのがこのサイト
上州メカ好き村

見るからに歴史ありそうなサイト…というかホームページと呼ぶ方がしっくりきますかね。

この中の「完全なる変形」という1コーナーがじつに素晴らしい。

最近ではカトキハジメ氏が破綻なく変型モビルスーツをリデザインしていたりして、おかげで一連のゼータガンダムの立体が素晴らしいものになっておりますね。

そういった変型にまつわるアレコレを考察しながらリデザインをされてるのがこの「完全なる変形」なのですが、その多くは作者さんの趣向が大きく反映されておりオリジナルとは大幅に異なるものも多々。反面、イデオンは元とあまり変わらないかな?ダイモスなんかも玩具化は強度足りなさそうですけどいいですね。

オリジナルに近いものでいうと、バルキリーであるとかZガンダムなどについては元のデザインを踏まえつつ、独自の解釈や機構を盛り込んで、作者の考える「完全なる変形」を行っていますね。

大鉄人17もわりとオリジナルに近いですが、この飛行形態には納得。足首ひとつでより「飛びそう」な形状に変わります。これは目から鱗でした。

で、いちばん気に入ったのはダイターン3でありました。オリジナルの各形態のイメージを損なわず、まったく別の変型プロセスを経ているという点が素晴らしい。また、デザイン的にもOVAなどに出てきそうなアップトゥデートかと思います。

この方の提唱する「変型ロボット工学の三原則」というのが面白くて

  1. 変型ロボットは、パーツを分離してはならない
  2. 変型ロボットは、体積を過度に変化させてはならない
  3. 前二項に反しない限りにおいて、変型ロボットは変型を単純化しなければならない

だそうです。
第1条に反するものはリアルロボット以前、特にマクロスより前の作品では多々ありましたよね(笑)第2条の体積については各パーツなら山のように例はあるでしょうけども、ブライガーに至っては体積どうなってんのか考えたくもない物ですよね(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年4月 2日 17:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー