link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729
トップページ > IT, Internet > Amazonマーケットプレイスで偽物を扱う業者がいた場合の対処法

Amazonマーケットプレイスで偽物を扱う業者がいた場合の対処法

私はAmazon自体は信頼できるのですが、同じAmazon.co.jpというサイトのなかで、ほぼ同様の注文方法で「信頼できるかどうか分からない業者」とも取引できてしまうのですから、これは注意しなければと思い始めました。

この商品、Amazon.co.jpには無いけど楽天市場にはあるな。

そういうことが数年前までは多々あったかと思います。

しかし今日のAmazon.co.jpでは、楽天市場に勝るとも劣らない品数になっています。

Amazonマーケットプレイスに出店する業者が増えたからでしょう。Amazon.co.jp自体では取り扱ってない商品でも、複数のマーケットプレイスの業者が出品しているということは少なくないですよね。

買える商品の種類が増えることは喜ばしいことですが、先日ふと疑問に感じることがありました。マーケットプレイスにて、海外のとある有名ブランドの製品を注文したときのことです。

まず開封してみて「おや?」と感じました。
そのブランドの製品にしてはラベルの印刷が安っぽい。プラスチック製のケースが付属しているのですが、これが日本のブランドの製品とは大違いで、まともに閉まらない。

「こんなものなのかな?」

と思いつつ試してみたところ、やや不都合が出てきました。これが不良品のレベルかどうかも判断が難しい部分。

これでは実戦投入が難しいので、試しにこれよりも価格が1/3以下の無名ブランドの製品を、おなじくAmazonマーケットプレイスにて購入してみました。すると…

あれ?
中身は完全に一致といってもよいほどの同等品。さすがにブランドの銘こそ違えど、同じ場所にその銘がプリントされています。価格が3倍以上も違って、有名ブランドと無名ブランドなのに、それでほぼ同じにしか見えないものってあり得るの?

ひとしきりネットで情報をあさってみましたがOEM製品だという文献もないですし…

ひとまず有名ブランド品として購入したほうは、そこの製品としてはあまりにも杜撰に見えるものでしたので、その旨を伝えて返品させてもらうことになりました。また、この件でAmazon.co.jpに連絡したところ、こちらのページにもあります「reports@amazon.co.jp」というメールアドレスを教えていただきました。出品規約違反と思われる場合には、そこに宛てて

・出品商品の商品名(ISBNまたはASIN)
・出品者名
・出品規約違反と思われる点の詳細

を報告してくださいとのことでした。
そもそもこの度購入した某ブランドの製品については、本物か偽物かは分かりませんしそこを問うつもりもありません。ただ、ブランドを背負った製品にしてはあんまりなクオリティだったということです。そして何故、はるかに低価格でまったく同じ(と言えるほどの)製品が存在してたのか謎が残りますけども。

今回のことをうけて:
私はAmazon自体は信頼できるのですが、同じAmazon.co.jpというサイトのなかで、ほぼ同様の注文方法で「信頼できるかどうか分からない業者」とも取引できてしまうのですから、これは注意しなければと思い始めました。

Amazonマーケットプレイスに限らずですけども、悪徳業者が潜んでいないとは言い切れませんし、業者自身も知らずに偽物をつかまされてる可能性はあり得るわけです。そのことを念頭に置いて利用する必要があるのかもしれませんね。

単純に価格の安さや納期ではなく、その商品をAmazon.co.jp自身が扱っているのか、それとも大手量販店などの見知った企業が出品しているのか、はたまた名も知らない出品者なのか。であれば過去の取引実績くらいは確認する等、よく注意していきたいところです。

最後になりますが、Amazon.co.jpの信頼を貶める目的で書いている記事ではございません。むしろ私にとってAmazonは、買物の頻度でも金額でも、最も多く利用している店舗であります。その点、ご理解よろしくお願いいたします。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年4月 4日 04:15

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー