link1606 link1607 link1608 link1609 link1610 link1611 link1612 link1613 link1614 link1615 link1616 link1617 link1618 link1619 link1620 link1621 link1622 link1623 link1624 link1625 link1626 link1627 link1628 link1629 link1630 link1631 link1632 link1633 link1634 link1635 link1636 link1637 link1638 link1639 link1640 link1641 link1642 link1643 link1644 link1645 link1646 link1647 link1648 link1649 link1650 link1651 link1652 link1653 link1654 link1655 link1656 link1657 link1658 link1659 link1660 link1661 link1662 link1663 link1664 link1665 link1666 link1667 link1668 link1669 link1670 link1671 link1672 link1673 link1674 link1675 link1676 link1677 link1678 link1679 link1680 link1681 link1682 link1683 link1684 link1685 link1686 link1687 link1688 link1689 link1690 link1691 link1692 link1693 link1694 link1695 link1696 link1697 link1698 link1699 link1700 link1701 link1702 link1703 link1704 link1705 link1706 link1707 link1708 link1709 link1710 link1711 link1712 link1713 link1714 link1715 link1716 link1717 link1718 link1719 link1720 link1721 link1722 link1723 link1724 link1725 link1726 link1727 link1728 link1729 link1730 link1731 link1732 link1733 link1734 link1735 link1736 link1737 link1738 link1739 link1740 link1741 link1742 link1743 link1744 link1745 link1746 link1747 link1748 link1749 link1750 link1751
トップページ > 社会・国際・政経 > 若いうちは無茶やってもバカやっても増水見にいっても。

игратьнаденьги.орг

若いうちは無茶やってもバカやっても増水見にいっても。

昨夜の嵐で、目黒川の増水を見にいった人に「ほんとうに危険ですよ」と注意されてる方がツイッターにおりましたけども。

私ほんとアラフォーにして「歳とったな」と感じることだらけです。

ひげ剃りで誤ってほっぺたに切り傷がついたんですけども、これがいつまでも傷痕が残ってんですよ。とっくにケガとしては治癒してるわけですが、傷痕はずっとそこにある!

細胞の再生、途中までかよ!

そのほかにも…

滑るのでご注意くださいってのも意味が分かってきました。

滑るとバランスくずして転ぶ危険性があるわけです。若いころはバランスを崩したくらいで転ぶなんて無いですもんね。それで、転ぶと何があるかというと、骨折する危険性くらいは普通にあるのです。

若い頃は体も関節も柔らかいので理解できないのですが、いまや受身をとる自信すらもフィフティフィフティなわけですよ。

あと体温ですね。
息子のほうがあからさまに体温が高くなってます。私、自慢ではないですが、どこの誰よりも手が温かかったのです。自分より手が温かい人に出会ったことありませんでした。

しかしアラフォーになってから、あからさまに体温が下がっています。これは先の傷が治らない件とも同じですね。新陳代謝が衰えてきてるわけです。

そして体温が低くなると昔おばあちゃんが言ってたことも分かってくるのです。「冷たいものは体が冷えるよ」と。

若いときは冬の朝だろうが冷たい飲物でなくてはと思っておりましたが、歳とると温かいお茶だの珈琲だの紅茶だのというのがありがたく感じますね。

それで昨夜の嵐ですよ。
目黒川の増水がかなり危険な状態だったようですが、それを見にいった人に「ほんとうに危険ですよ」と注意されてる方がツイッターにおりましたね。

若いときは「危険」って感じることが遠いんですよね。

転ばないし、転んでも受身とれるし、頭打つような気もしなけりゃ、泳ぐ自信もあるわけで、ていうか川に落ちる気もしないだろうし。体動くんだし。

たとえケガしても治っちゃうわけだし。

いえ、だからといって河川の増水を見にいっても大丈夫だという理由には全くならないんですけども、やり直す時間もあれば治る可能性もあるのですから、多少の無茶などをやるのは若者の特権だなと。

そんなことをブログに書いている私は、バンダイナムコの無料キャンペーンにまんまと乗せられて、嵐のあとのさわやかな日曜の午後を、無駄にガンダムUCや逆シャアなどを観ながら居間で過ごしているアラフォー男性であります。

そんな私でも十代のころは、わざわざ荒波の海岸で大きな波に巻き込まれて遊んでいたりしたものですが、今それをやれと言われても絶対にイヤです。それは「危険」だと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年4月 7日 12:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー