link2920 link2921 link2922 link2923 link2924 link2925 link2926 link2927 link2928 link2929 link2930 link2931 link2932 link2933 link2934 link2935 link2936 link2937 link2938 link2939 link2940 link2941 link2942 link2943 link2944 link2945 link2946 link2947 link2948 link2949 link2950 link2951 link2952 link2953 link2954 link2955 link2956 link2957 link2958 link2959 link2960 link2961 link2962 link2963 link2964 link2965 link2966 link2967 link2968 link2969 link2970 link2971 link2972 link2973 link2974 link2975 link2976 link2977 link2978 link2979 link2980 link2981 link2982 link2983 link2984 link2985 link2986 link2987 link2988 link2989 link2990 link2991 link2992 link2993 link2994 link2995 link2996 link2997 link2998 link2999 link3000 link3001 link3002 link3003 link3004 link3005 link3006 link3007 link3008 link3009 link3010 link3011 link3012 link3013 link3014 link3015 link3016 link3017 link3018 link3019 link3020 link3021 link3022 link3023 link3024 link3025 link3026 link3027 link3028 link3029 link3030 link3031 link3032 link3033 link3034 link3035 link3036 link3037 link3038 link3039 link3040 link3041 link3042 link3043 link3044 link3045 link3046 link3047 link3048 link3049 link3050 link3051 link3052 link3053 link3054 link3055 link3056 link3057 link3058 link3059 link3060 link3061 link3062 link3063 link3064 link3065
トップページ > エンターテインメント > アイゼンボーグなども上映、円谷プロ「ウルトラマンだけじゃない上映会」感想

アイゼンボーグなども上映、円谷プロ「ウルトラマンだけじゃない上映会」感想

ウルトラマンギンガ発表のその日、渋谷アイアシアターにて円谷プロ50周年記念ウルトラマンフィルムフェスティバル前夜祭「ウルトラマンだけじゃない上映会」が開催されました。

昨日発表された新ヒーローのウルトラマンギンガが話題沸騰中でありますけども
ウルトラマンギンガ

そんな円谷プロの50周年記念「ウルトラマンだけじゃない上映会(当日のマイナビ記事)」というのが開催されまして、友達がペアチケット当選したというので一緒に観に行ってまいりました。

「ウルトラマンだけじゃない上映会」と題されてますが、円谷プロ制作の作品のなかから「今にしてみれば」笑えるエピソードを集めた感じでしたね。

快獣ブースカ」は当時あれで良かったんでしょうけども、今観るとどこか狂気を感じてしまいますね。

ウルトラファイト」は、セブンとほか4体の怪獣が戦う回でしたが、ご存知の方には言うまでもなく相変わらずの展開。

「ファイヤーマン」では「ムクムク」なるコアラ似の和み怪獣が登場。どう見てもただのカワイイぬいぐるみ。

ミラーマンによる「ミラーファイト」というのもあったんですね、ウルトラ同様かと思いきや、さらに輪をかけてシュールな展開が笑いを誘います。「ミラーマンを総括しろ!」というサブタイトルからは想像もつかない内容に…

そして今回の上映会最大の見どころ「恐竜大戦争アイゼンボーグ」からは「アイゼンボーが死んだ!?」というエピソード。事前に樋口真嗣さんらトークショーにてもろもろのツッコミどころの話があっただけに会場は大盛り上がり、本放送から35年ぶりに観た私でしたが、細部までいろいろと思い出すところがあり大変懐かしみつつ、今でも斬新に感じる映像手法に感心しながら観終えました。

そして最後に「レッドマン」で締めるという構成。
CSなどでたまに映像の一部を目にすることはありましたが、このたび初めてチャンネルNECOでの再放送があるそうです。構成的にはウルトラファイトとなんら変わりない、その辺の空き地で着ぐるみが茶番プロレスをやるようなミニ番組ですが、ウルトラとちがって実況ナレーション一切なし、そのくせ倒れたときの重量感ある効果音が派手すぎるなど、バランスのメチャクチャさが印象的でした。

全体的に来場者の感度が良くて、笑いを共有できて楽しかったです。ああいう上映会だったらまた行きたいな。
ウルトラマン



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年4月13日 15:20

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー