link4658 link4659 link4660 link4661 link4662 link4663 link4664 link4665 link4666 link4667 link4668 link4669 link4670 link4671 link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759 link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794
トップページ > 社会・国際・政経 > ごんぎつねは撃たれて当たり前という件

ごんぎつねは撃たれて当たり前という件

支持している大人の側に、なんか違和感がありますね。

ごんぎつね撃たれて当たり前という小学生の感想に、いい大人がそれを擁護や感心したりするのは情けないことです。
小学生が書いた「ごんぎつね」の感想で議論勃発 ごんは撃たれて当たり前? — ねとらぼ

多くの子供は「ごんがかわいそう」という感想を持ったようですが、投稿者の姪は「やったことの報いは必ず受けるもの」「こそこそした罪滅ぼしは身勝手で自己満足でしかない、(兵十はごんの反省を知らないのだから)撃たれて当たり前 」とシビアな感想を抱いたようです。この感想が学校で物議を醸しているそうで、スレッド内でも大きな議論に発展しています。

ごんぎつね (日本の童話名作選)

これが「新聞記事」の感想ならそれでも良いかもしれないですが、「撃たれて当たり前」と思うような事象でさえも、読む者の心を揺さぶるように書いてあるのが「物語」です。

先述のような感想を持つことは、言語感覚や人間性の欠如までも疑われかねないことですよ。それを上手く指導してやるのが小学校の国語の授業だと思います。

たとえば三国志での妻の肉を供する逸話のように、今の時代に全くそぐわない、理解しがたい価値観であれば仕方ないかもしれません。しかし「ごんぎつね」は現代でも通用するものとして教科書に掲載されているのではないでしょうか?

「感想」に対して問題があると指摘すること自体がおかしいという意見も多く出ていました。

「物語」の感想としては大いに問題ありではないかと思います。いや、そもそも「物語」として読めていないことが問題かと思います。そしていい大人がそういうことを肯定するのもどうかと思います。

さまざまな視点から多様な意見が出てくることは良いことですが、評価されるべき異論というのは当たり前の模範解答のさらに先の高みに到達できているものであって、根本から曲がっているものは論外だと感じます。

この手の感想をよしとするのであれば、サーガとまで呼ばれるほど壮大なスターウォーズでさえも、極端に要約したり、発生するイベントだけ並べてみれば陳腐なものです。たとえば「嫉妬に狂った馬鹿が息子に説得されて改心する話」とか「かつての神童がどの環境でもトップには立てず一生を終えた」とか。

そういう認識はアリだとしても、スターウォーズという「物語」の「感想」として妥当でないことはお分かりいただけるかと思います。
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年5月10日 08:15

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー