link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079 link3080 link3081 link3082 link3083 link3084 link3085 link3086 link3087 link3088 link3089 link3090 link3091 link3092 link3093 link3094 link3095 link3096 link3097 link3098 link3099 link3100 link3101 link3102 link3103 link3104 link3105 link3106 link3107 link3108 link3109 link3110 link3111 link3112 link3113 link3114 link3115 link3116 link3117 link3118 link3119 link3120 link3121 link3122 link3123 link3124 link3125 link3126 link3127 link3128 link3129 link3130 link3131 link3132 link3133 link3134 link3135 link3136 link3137 link3138 link3139 link3140 link3141 link3142 link3143 link3144 link3145 link3146 link3147 link3148 link3149 link3150 link3151 link3152 link3153 link3154 link3155 link3156 link3157 link3158 link3159 link3160 link3161 link3162 link3163 link3164 link3165 link3166 link3167 link3168 link3169 link3170 link3171 link3172 link3173 link3174 link3175 link3176 link3177 link3178 link3179 link3180 link3181 link3182 link3183 link3184 link3185 link3186 link3187 link3188 link3189 link3190 link3191 link3192 link3193 link3194 link3195 link3196 link3197 link3198 link3199 link3200 link3201 link3202 link3203 link3204 link3205 link3206 link3207 link3208 link3209 link3210 link3211
トップページ > エンターテインメント > 音楽も体験を売ったらいいんじゃないだろうか

דירות דיסקרטיות ברמת גן

音楽も体験を売ったらいいんじゃないだろうか

ジャストアイデアですが、メディアを利用して洗脳できない時代だからこその提案。一緒によみがえる光景があるというのは良いものですよ。

音楽が売れてないらしいことは今さら言うまでもない感がありますけども、自分が買ったものを振り返ってみると何かしらの想い出とオーバーラップするようなものが多いですね。

たとえばこの曲なんかそうだったりしますけども

去年のオリンピックの(コカコーラ社の)テーマ曲ですね。
HEART BEAT (English Version) — Single — 加藤ミリヤ
HEART BEAT (English Version) — Single — 加藤ミリヤ

まさにコカコーラさんから招待いただいてココ・ロンドンでのこのライヴとロンドン五輪とを観に行ったわけですが、そういう強烈な体験とか新鮮な体験とかがあると、音楽というのはその想い出とワンセットになってくれるわけです。

で、ポチっとiPhoneから買ってしまうわけですな。

ライヴ行ってCD買うのとはまた違って、旅行してそのときのテーマ曲みたいなのができた感じ。こういう体験をしてしまえば買わずにはいられないので、音楽のプロモーションやるときはインフルエンサーの男女20人ずつを観光バスに詰め込んでミステリーツアーに送り出し、車内でも行く先々でもガンガン売りたい曲を流しまくっておくと良いんではないかと。

ドラマ主題歌が売れるのも疑似体験的なものですし、ミュージックビデオもそういう要素があるからこそ力を入れて作るんではないかと思いますし、しかしながらこういう時代ですからただの映像にだまされる人もいなくなってるわけで、体験そのもののテーマソングを勝手に用意してあげれば?

ちょっと振り返ってみるだけでも、たとえばスキー場で流れてた曲とか、フェリー乗場の待合室で流れてた曲とか、そういうのハッキリ覚えてるものですからね。体験のテーマ曲を仕立てるという案、どなたか試してみてください。この夏、あらゆる観光地でその曲を流してみるとかね(笑)

あ、でも標題の「音楽も体験を売ったらいいんじゃないだろうか」とはちょっと違うか。体験を売るというか、体験のテーマソングを用意してあげるかたちだね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年6月 3日 02:49

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー