link5402 link5403 link5404 link5405 link5406 link5407 link5408 link5409 link5410 link5411 link5412 link5413 link5414 link5415 link5416 link5417 link5418 link5419 link5420 link5421 link5422 link5423 link5424 link5425 link5426 link5427 link5428 link5429 link5430 link5431 link5432 link5433 link5434 link5435 link5436 link5437 link5438 link5439 link5440 link5441 link5442 link5443 link5444 link5445 link5446 link5447 link5448 link5449 link5450 link5451 link5452 link5453 link5454 link5455 link5456 link5457 link5458 link5459 link5460 link5461 link5462 link5463 link5464 link5465 link5466 link5467 link5468 link5469 link5470 link5471 link5472 link5473 link5474 link5475 link5476 link5477 link5478 link5479 link5480 link5481 link5482 link5483 link5484 link5485 link5486 link5487 link5488 link5489 link5490 link5491 link5492 link5493 link5494 link5495 link5496 link5497 link5498 link5499 link5500 link5501 link5502 link5503 link5504 link5505 link5506 link5507 link5508 link5509 link5510 link5511 link5512 link5513 link5514 link5515 link5516 link5517 link5518 link5519 link5520 link5521 link5522 link5523 link5524 link5525 link5526 link5527 link5528 link5529 link5530 link5531 link5532 link5533 link5534 link5535 link5536 link5537 link5538 link5539 link5540 link5541 link5542 link5543 link5544 link5545 link5546 link5547
トップページ > エレクトロニクス > 格安のテレコン/ワイコン、フルHD対応 JTT マイレンズ(My Lens)シリーズ

格安のテレコン/ワイコン、フルHD対応 JTT マイレンズ(My Lens)シリーズ

ビデオカメラやミラーレス機でも使えそうな、0.6倍ワイドコンバージョンレンズと、2倍テレコンバージョンレンズ。日本トラストテクノロジー

最小の空間光学手ブレ補正ハンディカム SONY HDR-CX430Vというのを購入しまして、まあ外出時はこれで手ブレも少なく撮影できて重宝しているわけですが…

ビデオブロガーって自分撮りが主だったりしますよね。

というわけでワイコン(広角コンバージョンレンズ)の着用はデフォルトです。フルHD対応をうたう格安の製品があったので、テレコンともども購入してみました。

まずワイコンのほうですが倍率は0.6倍で、46mm径ですのでビデオカメラだけでなくミラーレス一眼などのレンズでも使えるものはありますね。さらにステップアップリングが2種類付属(46mm-40.5mm・46mm-43mm)です。私のハンディカム「SONY HDR-CX430V」では46mmのままで装着できました。

そしてテレコンの倍率は2倍、ビデオカメラ用としては一般的な37mm径に装着できます。ステップアップリングが5種類付属(37mm-25mm・37mm-27mm・37mm-28mm・37mm-30mm・37mm-30.5mm)するので、様々なレンズに装着できますね。私のハンディカム「SONY HDR-CX430V」には37mmへのステップリングが付属するので、それで対応できました。

また、以下のレンズフードはちょうど、46mm-37mmのネジが切ってあるので、ステップリングのようにも使えました。ただしフードですのでレンズ同士の距離は若干空いてしまいますけどね。
エツミ レンズフード メタルインナーフード 46mm ブラック ルミックス G20mmF1.7 専用 E-6309

というわけで、画質なども含めた検証動画が以下です。ぜひご覧くださいませ。
格安フルHD対応テレコンとワイコンを検証 JTT My Lens コンバージョンレンズ

実写画像が以下になりますけども

これワイコンなし
ワイコンなし

そしてワイコン装着時
ワイコンあり

まず私のハンディカムではケラレが生じてしまいました。あと、色味がぜんぜん違うのと歪みがあるのは目立ちますね。ただし上の動画でもご覧いただいたように、画角優先で自分撮りに使うぶんにはほぼ気にならないレベルでしょう。

さてお次はテレコンのほうですが、私のハンディカムのズームで広角端にするとこのように大きくケラレております(笑)
テレコン広角端

しかしまあ広角端にテレコンを装着というのは本末転倒ですから、これは無視していいかと思います。肝心なのは望遠端のほうですもんね。

というわけで、以下がテレコンなしの望遠端
テレコンなし

そして上の状態に、テレコンを装着したもの
テレコンあり

嗚呼こりゃ画質が大きく違ってきましたね。
さらに別の画像で見てみましょう。

こちらテレコンなし
月テレコンなし

そしてテレコン装着時
月テレコンあり

うーん
月だと誤摩化しきかないレベルで画質劣化を感じてしまいますね。本音をいうと私は、お月さんにもっと寄りたくてこのテレコンを購入したのですが、こりゃあ日中にそれなりの使い方をするしかないですね。うーん。

というわけで、格安だったのは良いものの、テレコンは値段相応な感じになりました。ワイコンのほうはこの価格帯としてはアリなんじゃないかなと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年6月26日 02:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー