link5694 link5695 link5696 link5697 link5698 link5699 link5700 link5701 link5702 link5703 link5704 link5705 link5706 link5707 link5708 link5709 link5710 link5711 link5712 link5713 link5714 link5715 link5716 link5717 link5718 link5719 link5720 link5721 link5722 link5723 link5724 link5725 link5726 link5727 link5728 link5729 link5730 link5731 link5732 link5733 link5734 link5735 link5736 link5737 link5738 link5739 link5740 link5741 link5742 link5743 link5744 link5745 link5746 link5747 link5748 link5749 link5750 link5751 link5752 link5753 link5754 link5755 link5756 link5757 link5758 link5759 link5760 link5761 link5762 link5763 link5764 link5765 link5766 link5767 link5768 link5769 link5770 link5771 link5772 link5773 link5774 link5775 link5776 link5777 link5778 link5779 link5780 link5781 link5782 link5783 link5784 link5785 link5786 link5787 link5788 link5789 link5790 link5791 link5792 link5793 link5794 link5795 link5796 link5797 link5798 link5799 link5800 link5801 link5802 link5803 link5804 link5805 link5806 link5807 link5808 link5809 link5810 link5811 link5812 link5813 link5814 link5815 link5816 link5817 link5818 link5819 link5820 link5821 link5822 link5823 link5824 link5825 link5826 link5827 link5828 link5829 link5830 link5831 link5832 link5833 link5834 link5835 link5836 link5837 link5838 link5839
トップページ > 雑記 > きのう見たゴキブリの速度を僕達はまだ知らない

きのう見たゴキブリの速度を僕達はまだ知らない

コロッケの魅力の根源にある狂気の話。

嫁とふたりで定食屋に行き、いつものセットを注文した。

テレビを見ながら料理が来るのを待っていたところ、嫁が突然、私の背後の壁を見て驚いたような表情を見せた。

その直後!

何が起きたのかは書かない。

想像にお任せすると言いたいところだが、店に居合わせた客と店員すべてを巻き込んでの、想像を絶する出来事だった。

それから約22時間後

夏のゴキブリの速度は一体どのくらいの速度なのだろうと考えながら、私は帰宅した。

昨晩スーパーで買ったコロッケがのこっていたので、ひとつつまんでみた。

そのコロッケの湿った衣の欠片のひとつが、食道ではなく気管のほうへまっしぐらに進んだ。

次の瞬間、口のなかにある砕けたポテトやミンチやらが一斉に飛び出すほどの勢いで咽せた。

それだけではまだおさまらず、風邪をひいてもこんなひどい咳は出ないだろうというほど長く、何度も何度も咽せた。

その間ずっと息苦しく、いよいよ酸欠で倒れるのではないかと思い始めたとき、ようやく収まった。

コロッケの衣は人を殺す。

これほどまでに恐ろしいものを私は今まで「大好物」だと称して口にしてたということか、または衣ごときで咽せるほど自分が老いたのか。

理由は両方だと直感し、肉体が持つ脆弱性に涙した。

そして、死と背中合わせにも関わらず、正月の老人が餅を食べずにはいられないことをようやく身体で理解した。

好奇心が猫を殺す。

コロッケ好きがコロッケで死ぬ。

これまで何故コロッケが好きなのかと問われたことはないし、自分でも理由を考えたことがなかった。

しかしようやく解った。

コロッケの魅力は、そこに秘められた殺意だったのだ。

その衣の欠片ひとつひとつに込められた殺意に打ち克って、私は満足を得るのだ。

これからは無意識にではなく、完全に意識した状態でその勝負を行うことになる。

私は、より次元の高いコロッケの楽しみ方を知ったのだ。

さあコロッケよ、私を殺しにくるがいい!

その殺意のすべてを私は受け止める覚悟だ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年7月11日 19:53

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー