link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164 link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277
トップページ > デジタル一眼 > 「70Dショック」キヤノンEOS 70Dの新型センサーは、デジタル一眼のOVFを延命するか?

「70Dショック」キヤノンEOS 70Dの新型センサーは、デジタル一眼のOVFを延命するか?

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 70D の登場で、デジイチ動画自体の革命にはならないかもしれないけど、デジイチ動画ユーザーにおける「一眼レフ」の利用率は救われるのかもしれないですね。

70D

キヤノンマーケティングジャパン「Canon EOS 70D」のブロガーイベントに参加しました。こちらの最新デジタル一眼レフカメラについてのイベントであります。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

私、中高生のころに叔父からもらった一眼レフ(当然フィルムの時代)で写真撮影してましたけども、基本的に写真なんてのはスナップか記念写真くらいしか撮らないので、当時は「写ルンです」がメインカメラでありました。今でいうiPhoneみたいなもんです。

それで、一眼レフカメラのほうはもっぱら、長時間露光や多重露光ができる面白機材としての位置づけでありました。実験映像作品なども好きでしたもので。

時は経ち、デジタル一眼レフの時代になってからもちょっとお仕事なんかでレビューの記事を書いたりなんかはしましたが、二昔ほど前だとまだ「ろくにライブビュー撮影もできないクソデジカメ」という印象でした。デジカメの意味ねえー!まったくねえー!と(笑)

「それこそが一眼レフだもの」とワケ知り顔でいう旧人類もおりましたけども、おまえなど後世の笑い種になってしまえと呪いつづけておりました。

そんな私の呪いはすぐに効力を発揮しはじめます。
やはり液晶画面を搭載してるからには、撮影データの確認やメニュー操作だけにとどまらず、ライブビュー撮影などもできるようになってくるわけです。当たり前ですよね、一眼レフだか何だか知りませんけども「デジカメ」なんだからね。

そして、そういったことの発展として、世界初の動画機能を載せた NIKON D90 であるとか、映像制作を根本から変えた名機 Canon 5D MarkII などが世に出てきました。私、写真よりもビデオ撮影のほうが専門なもので、この頃になってようやくデジタル一眼レフに興味を持ちました。

ところが、それらの機種は買わずにスルー。

その頃を振り返ってみると、私自身は自腹でお高い機材を購入して撮るようなこともやっておりませんで、ビデオカメラなんかも民生のいちばん安いのが逆に面白かった時代で、SONYだのSANYOだのが繰り出すポケットに入るようなものを好んで使っておりました。画質は全然ダメでしたけどガジェット感が良かったのです。

あと、銀塩の一眼レフもEOS Kissあたりの入門機だと小遣いで買えるようなものでしたから、どうせウェブ日記にしか写真載せないのに、デジタル機に投資する気も起きなかったんですよね。むしろ浪費くらいに考えてました。

そんな感じでデジタル一眼レフに手を出さないままかと思っておりましたら、ある日、EOS Kiss X3 という非常にコストパフォーマンスの良さそうな「ビデオカメラ」が登場したので、即購入しました。

民生機の小型ポケットカメラみたいなものに馴れてきたあたりに、突如 EOS Kiss X3 のフォーカスリングでピン送りするという極めて懐かしい行為に立ち返り、以降デジイチ動画の世界にぐっと引き込まれていきました。

その後いろいろと買い換え、買い増してきましたけれども、昨年メインで使うデジイチを、キヤノン製品からソニーのα99へと乗り換えました。フルサイズセンサーでバリアングル液晶搭載と、美しいEVF(電子ビューファインダー)を覗きながら動画撮影できるという点が決手になりました。あくまでも動画撮影を重視していたからこその選択でもあります。

そして案の定、旧い方々から、OVFじゃなくてEVFだからダメだとか、そもそもTLM機は一眼「レフ」じゃないからいかんとか、なかなかにピントのズレたご指摘を多々いただきまして、おまえらなど後世の笑い種になってしまえとさらに呪いを強めてまいりました。

ところがどこで間違ったか、その呪いがブーメランしてきまして、この度キヤノンさんからとんでもねえデジタル一眼レフが登場してしまいました。それこそが、こちらのデジタル一眼レフ「Canon EOS 70D」であります。
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

ミラーレス機やTLM機などではなく
ミラー有りのOVF搭載機、いわゆる一眼レフ。

にも関わらず、
動画撮影中に実用的なAF速度を実現していると?

それは興味わかないハズがない。
キヤノンマーケティングジャパンのモニターキャンペーンでその実機をお借りしてきました。以下の動画にて、実写レポートなどをしておりますのでご覧ください。

ご覧いただいてお分かりかと思いますが、動画撮影時のAF追従に関しては、ビデオカメラにも比肩するほど。「キヤノンやっと本気だした」などとも言われているくらいです(笑)

「写真撮影なら光学ファインダーが絶対良い」というOVF支持派にも、ようやく実用レベルの動画AFが搭載された「一眼レフ」がやって来ましたということです。この70Dという機種のポイントはそこでしょうね。

件のイベントでは、他社の競合製品とAF追従性を比較したビデオが上映されたのですけども、SONY α99 および NEX-5Rに勝るとも劣らない印象でありました。

私はα99ユーザーですけども、動画撮影時のいちばんの不満は、レンズがフォーカス調整してるときの駆動音を拾ってしまうこと。この点もキヤノンであればSTM(ステッピングモーター)のレンズを使用することでほぼ解消できてしまうように思います。極めて静かに駆動します。しかも、70DのキットレンズはこのSTMのレンズなのです!(最高じゃん)

こうなってしまうともう、ミラーレス機やTLM機のほうが動画撮影に向いてるとも言い切れなくなってきたわけです。

というわけで標題の「キヤノンEOS 70Dの新型センサーは、デジタル一眼のOVFを延命するか?」という件ですが、これはもうその通りでしょう。

私がどれだけEVF機で飛んでるカワセミ撮影してきて見せたところで、やっぱりEVF拒絶反応を示す方はいらっしゃいます。OVFだろうがEVFだろうが、よりよく撮れて運用しやすければそれで良いと思いますけども、カメラのようなマニア性の高い趣味ですと、細部も大切だったりするわけです。

『フォーカスリングでピン送りするという極めて懐かしい行為に立ち返り、以降デジイチ動画の世界にぐっと引き込まれていきました』とは前述しておりますが、それはキッカケであって実際の運用ではやはりMFのみでは如何ともし難いです。それゆえのα99のようなTLM機への転向だったわけですが、伝統的な「一眼レフ」スタイルでも同等のことができるのであれば、乗り換える必要性もあまりないですよね。

昨年はデジイチ初心者のYouTuberに、ソニーのNEX-5Rが動画用カメラとしてバカウケしたようです。キヤノンさんではEOS Mからのステップアップとして70Dを据えているようですけども、EOS Mのライバル機であるNEX-5Rからの乗り換え需要も期待できるんじゃないかな。

あとは、STMではないレンズでどれほど実用性があるかでしょうね。望遠のLレンズを一本お借りできたので、また別の機会にサードパーティー製レンズと合わせて試用してみたいと考えています。以下のリンクは70D本体とSTMレンズです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年7月26日 00:19

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー