link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729
トップページ > IT, Internet > ネット馬鹿の可視化をスタートレック的に考える

ネット馬鹿の可視化をスタートレック的に考える

「艦隊の誓い」に学ぼう。

いたずらを投稿してネットで叩かれてということについてブログ書くのが流行ってるようなのでちょっと自分でもメモ的に書いておきますけども

惑星連邦「艦隊の誓い」では、ワープ航法の技術をもたない文明とのファーストコンタクトは禁じられています。

以上です。
こんなに明快な答えはないでしょう。
あとこれに内政不干渉の原則もあります。

とはいえ劇中では、公式なコンタクトはなくとも観察対象としてこっそり潜入してみることが多く、その過程で厄介ごとに巻き込まれて「艦隊の誓い」とのジレンマが物語として効いてくるのですが(笑)

ときおりインターネット免許制みたいな話もあがりますけども、スタートレック的にはそれがワープ航法の技術確立というわけです。

ムー民的な方々のなかには、地球人は戦争ばかりやってるから宇宙人がそれを監視しているという妄想話をされる方もいらっしゃいます。しかし一番近そうな地球型惑星グリーゼ876dでも15光年、地球から攻撃ミサイルが到達するまでどんだけ?って話ですよ。これ脅威にのうちには入らんでしょ。多少の懸念事項ではありますが(笑)

ちなみに私が生まれる前に発射された衛星がようやく太陽系の末端に到達してるとこですからまだまだ恒星間戦争など夢物語ですな。

話が脱線しましたが、つまり触れる必要のないものを持ち上げてやんややんやと騒ぎ立ててるのはいかがなものかと。自発的な成長を待たずに潰してしまうようなことはもってのほか。町内の運動会に(よそからやって来た観客がいきなり)世界大会クラスの選手を求めるのも脈略がなさすぎです。

視聴者層を知的で道徳を心得た進歩的な大人としてとらえているからこその「艦隊の誓い」という設定でありまして、その辺が子供から大人までを対象にするスターウォーズとは一線を画すところですね。

どんなに興味深い種族を発見したとしても、未だワープ航法をもたない文明であれば、そっとしておくのが良いかと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年8月16日 14:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー