link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931
トップページ > iPhone・iPad・iPod > AV家電・IT機器のスマホアプリもそろそろ増えすぎちゃって困るの時代

AV家電・IT機器のスマホアプリもそろそろ増えすぎちゃって困るの時代

ゆくゆくはメーカー間で何らかの統合を。またはスマホのOSでサポートしてくれるなどは必要。

最近はスマホ連携やスマホ対応のAV家電が多く
また、そもそもスマホとの入出力を目的としたものも増えてまいりまして、それらの機器のためのアプリも多々インストールする羽目に。

最近だとGoProというアクションカムを購入しましたけども、どう考えてもこれはスマホなしには使えないわけです。なくても使えるけど、明らかにスマホアプリのGUIが格上の操作性。こりゃインストールしないわけにはいかない。以下、参考動画。

また、スマホを機能拡張するタイプの周辺機器ですと、どうしても専用アプリを入れざるをえないことになります。例えば音声収録であるとか楽器関係であるとかに多いですね。身近なところではNASとかプロジェクターあたりかな。

もう、そんなこんなでアプリだらけになってる方もいらっしゃいますでしょう?

ゆくゆくは学習リモコンのようにメーカーや製品が関係なく、ひとつのアプリに集約されていくという可能性もあります。

が!
スマホアプリの良いところはGUIでそれぞれの製品の操作に最適化されていることです。もっとも顕著な例でいえばApple社の音楽制作ソフト「Logic Pro X」がそうですね。Mac用のソフトではありますが、専用のiPadアプリ「Logic Remote」を使うことでほぼMac上と同等のGUIでオペレーションが可能、部分的にはそれ以上の機能も。リンク:iTunes App Store で見つかる iPad 対応 Logic Remote

ここまでになってしまうと、学習リモコンのような流れは難しいように思います。

ただ、そうは言ってもスマートテレビやプロジェクター、プリンター、そしてデジカメなど基本機能がメーカーによって大きく違わないものも少なくないわけです。いずれも家庭や職場で複数メーカーのものを利用する機会はありますが、たとえばデジカメなら構図確認と露出設定ができてシャッターが切れて撮影データの確認ができればほとんどの場合は事足りるかと思います。テレビやプロジェクター、プリンター等はもっとシンプル。

ここまで書いてみて思ったのですが、デジカメを除けばiOSが提供している機能 AirPlayAirPrint でもわりとどうにかなったりして(笑)あとの細かいエクストラに関しては製品別にアドオンなどで対応してくれると良さそうですけど、まあAppleはそういうややこしいことさせないですよね(;^ω^)

希望的観測も含めつつ、今後ありそうなこととしては以下の三つ

  1. メーカー間で統一が図られる
  2. OSレベルでサポートされる
  3. サードパーティーから強力なアプリ登場

家電メーカーさんとしては自社製品で黒く塗りつぶしたい力学が働くので、複数社で仕様を統合していくなどは(あるとしても)遠い将来の話になるでしょう。

OSレベルでのサポートはあり得なくもないかなと思います。しかしテレビ周りに関してはAppleもGoogleも自社の製品で黒く塗りつぶしたいでしょうからねえ… デジカメについては何らかのサポートがあっても良い時代ではないかと思います。

サードパーティーから強力なアプリが登場というのが一番手っ取り早いのですけども、たとえばデジカメ用のAndroidアプリだと「DSLR Controller (BETA)」というものがありますね。キヤノン製デジタル一眼レフカメラを不自然ではないGUIによって操作できます。以下、参考動画

全台キヤノンのデジイチで揃えてる方なら、とりあえずこのアプリ「DSLR Controller (BETA)」ひとつでOK。これがキヤノンしばりも解けるようなことになれば最高なんですがね。

というわけで、少しだけ望みをお見せして今日はお終いです。AV家電や周辺機器のためのアプリでスマホを占領されない時代が早く到来するといいですね。それでは、さようなら。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2013年8月27日 16:01

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー