link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410 link411 link412 link413 link414 link415 link416 link417 link418 link419 link420 link421 link422 link423 link424 link425 link426 link427 link428 link429 link430 link431 link432 link433 link434 link435 link436 link437
トップページ > おもちゃ・ホビー, エレクトロニクス > これぞ大人の電子玩具「littleBits(リトルビッツ)」正直ナメてたけどいま激ハマりしてる電子工作キット

これぞ大人の電子玩具「littleBits(リトルビッツ)」正直ナメてたけどいま激ハマりしてる電子工作キット

電子工作というヲタ性が皆無、文系ドシロウトが無計画に直感で並べても、極めて論理的に視認できる神ガジェットなのでした。

KORGさんから21世紀の電子工作キット「littleBitsリトルビッツ)」というのが送られて来ました。むむむ…
littleBits

正直なところ私この手のクラフト系/Make系のことは、時間もとられるし部屋がさらに散らかるという印象で、大人になってからはできるだけ避けてました。

が、そんな大人の要求を満たす仕様で、散らからない手も汚れない設計要らずゴミも出ないという夢のような電子工作キットでした。いや、電子工作キットというのは違うな。違うけど他になんと呼べばいいのか分からない。電子工作キットという廃れた言葉以外のキャッチコピーを見つけないとこれはもったいない。

まずは概要を動画でご覧ください。

パルス発振が、光でも音でも分かる。
いいですねえ。

その後に影響を及ぼすモジュールと、結果としての動作をするモジュール。これがリニアに配置されて論理的に理解できる。キモチイイし美しい。

まずはなんといっても電源モジュール。付属の9V電池を接続!これ極性と電圧などが合致すればAC/DCアダプター等でも動くんでしょうね多分。
電源モジュール

ハンダごて?不要です。
マグネットで各モジュールを接続するのです。
マグネット
モジュールは1個につき1機能が割り当てられており大変分かりやすいです。

電源にファンのモジュールを直差し。
これだけでもファンは回りますが…
ファン回転

感圧式センサーを噛ませば、触ってる間だけファンが回転する仕様になりますね。
感圧センサー

サウンドセンサーを噛ますと、ハンドクラップや大声でスイッチ切替ができるように。
サウンドセンサー

スライド式抵抗器を挿むことで可変速ファンに!
スライド抵抗器

自分でホームセンターなどで部品と工具を買ってきて工作すると、だいたい上記のどれかひとつを作った時点で力尽きたり興味が尽きたりしますけども、なにしろマグネット式なものですから容易にアレもコレもと試すことができて楽しいんです。

何も設計しない
とりあえずくっつけてみればイイ(笑)
作ったそれ自体が設計図というか、設計図がそのまま動いてるんだよな。

上の例では「電源入れたらファンが回転する」というスタートとゴールが決まっておりまして、そのゴールに至るまでに何を挟んでいくかという、行き当たりばったり=良く言えば直感的なプログラミングができてしまうわけですね。

何を作ろう?
なんてことすら考えずに楽しめます。
もし思った通りに動かなくても差し替えは簡単。

たとえば、ボタンを押すとブッとブザーが鳴って、しばらくの間だけイルミネーションが点灯する(一定時間後に自動OFF)という物が完成しました。
イルミネーション

見て分かる!
素晴らしい!
次回はKORGだからこその、シンセサイザーのキットをまじえて遊んでみたいと思います。ご期待ください!

なおご購入に際しては、含まれるモジュールがそれぞれ違いますので、それぞれのセット内容をご確認ください。
▼Amazonで「littleBits」を検索する
楽天市場で「littleBits」を検索する



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年1月 3日 19:15

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー