link3562 link3563 link3564 link3565 link3566 link3567 link3568 link3569 link3570 link3571 link3572 link3573 link3574 link3575 link3576 link3577 link3578 link3579 link3580 link3581 link3582 link3583 link3584 link3585 link3586 link3587 link3588 link3589 link3590 link3591 link3592 link3593 link3594 link3595 link3596 link3597 link3598 link3599 link3600 link3601 link3602 link3603 link3604 link3605 link3606 link3607 link3608 link3609 link3610 link3611 link3612 link3613 link3614 link3615 link3616 link3617 link3618 link3619 link3620 link3621 link3622 link3623 link3624 link3625 link3626 link3627 link3628 link3629 link3630 link3631 link3632 link3633 link3634 link3635 link3636 link3637 link3638 link3639 link3640 link3641 link3642 link3643 link3644 link3645 link3646 link3647 link3648 link3649 link3650 link3651 link3652 link3653 link3654 link3655 link3656 link3657 link3658 link3659 link3660 link3661 link3662 link3663 link3664 link3665 link3666 link3667 link3668 link3669 link3670 link3671 link3672 link3673 link3674 link3675 link3676 link3677 link3678 link3679 link3680 link3681 link3682 link3683 link3684 link3685 link3686 link3687 link3688 link3689 link3690 link3691 link3692 link3693 link3694 link3695 link3696 link3697 link3698
トップページ > エンターテインメント > 映画「永遠の0」は笑いのツボを随所に仕込んだ快作だった(ややネタバレ注意の感想文)

映画「永遠の0」は笑いのツボを随所に仕込んだ快作だった(ややネタバレ注意の感想文)

VFXの素晴らしさ、日本空母や零戦の格好良さで一気に引き込まれ、大物俳優たちの怪演と過剰な演出で、次第にクスクス笑いから爆笑の連鎖にもっていくという、近年まれに見るテクニカルな作品。

さきほど映画「永遠の0」を観賞してきました。
永遠の0
※ 写真はUCC缶コーヒーについてた「永遠の0」タイアップのオマケ。

序盤はとにかく零戦と空母(赤城かな?)のCG・VFXの美しさに見とれてしまい、日本も空母を所有していた時代があったのだなあと感慨深くなります。

そこで一気に作品世界に引き込むかのように見せかけて、平幹二朗氏の痰壷がやや笑いのツボにハマり、おやこれは?と気付き始めます。

が、それも橋爪功氏の怪演でトーンダウン…したかのように見せかけて、この演技がジワジワくるクセもの。さらに演出的にも地雷がいくつも仕込まれており、橋爪氏の演技とあいまって最初はクスクス笑いだったものが次第にドッカン!ドッカン!来るような笑いの誘爆に。

山本學氏のターンでいくらか戦争映画としての体裁を立て直しつつも…

「重要なことを明かす」フラグを序盤でこれ見よがしに立てていた田中泯氏の再登場によって笑いの空中戦もストーリー展開に沿って乱戦模様に。

そして終盤、ラスボスあんたかよ!と誰もがツッコミを入れたに違いない(笑)南斗最後の将はユリアって言われたときの気分(笑)

普通さあ、ジャーナリストが当時の兵士のこと調べるとなりゃ戦友会名簿あたりからたどっていくわけで、ラスボス展開にならずに一発でその核心の人物に行き着くんじゃないの?(笑)

で、エンドロール観てたとき気付いたんだけど、夏八木勲氏の遺作だったのね。「だから」というべきなのか、通常はカットすべきような箇所も盛り込んであったように思います。特にさいごの「誰だったんだろう?」っていうセリフは蛇足もいいところじゃないかな。観客みんな分かってるからそれダメ押ししなくても。というわけでそこでも吹いてしまった(笑)

夏八木氏の出演シーンに限らず、いろんな場面が蛇足に思えて、作品全体のテンポを悪くしている印象は強いですね。しかも老人たち各々の語りと回想シーンの繰り返しですからね。144分にも及ぶ大作ですが、90分に切った短縮版でも十分だという印象。テレビサイズのは作りやすいかもしれないですね。

いや、なんならもう岡田准一クンのシーンだけつないでミュージックビデオか何かでも良いです。それで十分満足できるような気がしました。なんたって見どころはVFX全般です。

なのですが、現代のシーンでの笑いを誘う過剰演出がスゴすぎて、これはこれでOKなんですよね。ラストシーンで主人公のまわりをカメラが回りはじめたときはもう笑いを押し殺す余裕もないほどで(笑)それと各老人たちがフラッシュバックで入ってきて、そのなかに山本學さんがあの顔でいるものだから最早「養命酒」のCMではないかと見紛うレベル(笑)

いやあこれはホント観に行って良かった。ここまでスッキリと何も残らなかった日本のWW2映画は初めてではないでしょうか。そしてただただ笑えたということだけをこうしてブログに記している次第であります。願わくばDVDかブルーレイを買ってもう一度VFXシーンだけ見直したい。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年1月 6日 00:37

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー