link2190 link2191 link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239 link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328 link2329 link2330 link2331 link2332 link2333 link2334 link2335
トップページ > iPhone・iPad・iPod, エレクトロニクス > Windowsタブレット導入で、iPad 不要の意識が強まる

Windowsタブレット導入で、iPad 不要の意識が強まる

手もとにあって安心なのは、制限のかかったようなOSではなくて、フルでPC用のOSが詰め込んである物のほうだった。

消費増税により急いで購入したiPad Airですが、その後あまり活躍する機会がございません。

もともとMacと比べれば何するにも中途半端ではありましたが、Windows 8インチタブレット(ASUS VivoTab Note 8)の購入により、さらにその感が強くなりました。
tablets

Windowsタブレットは本物のWindows入りですからね。OS X に制限かけたようなiOS(悪く言い過ぎ?)とはわけが違います。

個人的には、iPhoneはサイズ的にもOSと非常にマッチしており扱いやすいデバイスであると今でも思っております。しかしiPadとなると話は別、あのサイズからノートパソコン代替機としても期待してしまう面があります。その点で不満が大きくなっているのだと思います。

現在、私はMacBook Air 13インチ(以降 MBA13)をメインマシンにしておりますが、日常的に大量の動画データを扱うことが多く、まだまだ現在の通信速度ではクラウドストレージを通じてデバイス間のデータをやり取りするのは現実的ではありません。いまだにUSBストレージやUSBハードディスクなどが頼りです。

そうなると、USBストレージを直差しできない現状のiOSデバイスは、それだけで利用価値が下がります。

またこれまでも度々ブログなどで書いてきましたが、マウスカーソルがないというのもiOSの不満点です(Androidにはある)。生産性を上げるためにiPad用のハードウェアキーボードなどをいくつか導入しましたが、結局はマウス操作できないという点で、画面タッチせざるを得ない場合が多々あります。タイピング速度向上ぶんから何段も落ちる劣悪な操作感です。

そういった理由からAndroidタブレットを好んで利用するようになりました。その後「Surface Pro 2」、「ASUS VivoTab note 8」とWindowsタブレットを使い込んでいくうちに、これで良いんじゃないかと。

ハードウェアキーボードのみならずマウスも併用して操作できる爽快・痛快さ。だけでなく、パソコンであるからこそのマルチウィンドウ表示!

いや、そりゃこうなったら(↓下図↓)パソコンそのものですけどね(笑)
VivoTab Note 8

いかに小型のデバイスでストレスなく…と考えていくと結局はパソコンになっちゃうんですよ(笑)じゃあパソコンで今一番小さいものって何よ?そりゃあ8インチWindowsタブレットだろと。

WindowsタブレットをモダンUIのタイル表示のほうではなく、むしろデスクトップのほうを多用するというのはMicrosoftさん的には複雑な気分ではありましょうが、どう考えてもコレ最高です。10年前ならデスクトップパソコンだったようなものが本一冊のサイズに収まったんですから、最高だと思わずにはいられません。

昔々、Macユーザーの方々は画面に小ぢんまりとウィンドウを重ねて表示していたものですが、Windowsユーザさんはドーンと全画面表示がお好きでした。ところがスマホやタブレットの時代になり、Apple製品も1アプリ全画面表示があたりまえになってしまいました。が、いまやタブレットでちまちまとマルチウィンドウを体感できるのはむしろWindowsのみ。

つまりマカーが選ぶべきタブレットはWindowsタブレットなのだ!(笑)

という冗談まじりの意見は置いといて
Windowsが動くということは他のタブレットOSと違ってPC用のサイトがほぼ不自由なく使えるということです。たとえば、iPadでブログを書こうと思ってもブログ管理画面のJavaScriptがビミョーに動かなかったりして大変なシチュエーションもありますが、Windowsであれば、IEやChromeであれば、そんな問題ははなから無縁ですよね。

出先でiPadしか持ってないときにJavaScriptの表示不具合でブログ更新できなかったなどというストレスは皆無。

タブレット単体で使用するにしても、オンスクリーンキーボード(タッチキーボード)なんかは最後発だけあってWindows 8のはなかなか良い出来です。タブレット製品のなかではいちばん好きですね。タイプしやすい。
keyboard

iPhoneなんかいじってても思うんですが、カーソルキー(矢印キー)必要でしょ?文章打ってポイッて出すだけならアホのツールですもん。誤字脱字に気付いて直すという最低限のことから、選択してデリートとかカット&ペーストとか、世に出す前に文章ってのは編集するのがあたりまえでしょう?

まあカーソルキーならAndroidにもあるんですが、Windowsが偉いのは「Ctrl」キーの装備ですね。カット&ペーストといえば「Ctrl」キーでのキーコンビネーションですよ。iOSだってほんとは「Command」キー隠し持ってるくせにオンスクリーンキーボードでは使用できないんですよね。残念すぎます。

余談ですがWindowsのタッチキーボードはフルキー表示にもできます。
keyboard
さすがにこれは8インチでは使いにくい狭さですが、13インチくらいだと実用的になるんでしょうな。「Ctrl」キーどころかほぼ必要なキーがそろっております。

さて長々とキーボードやらマウスやらの話をしておりますが、ビデオブロガーの私にとって大切なのはビデオ編集アプリとその周辺をとりまく環境。USBストレージについては先述した通り。ビデオ編集アプリについてもWindowsなんだからよりどりみどり、スペック的に動くようなら何も問題ないですよね。

ただ残念なことに8インチのWindowsタブレットは現状、32bitアプリしかインストールできませんので、Adobe Premiere Pro CC というビデオ編集アプリの決定版たる存在が扱えない。これ走らないのはちょっと痛いけども、まあ他の7〜8インチクラスのタブレットもそうなのだから致命的な弱点ではないです。

大前提としては、8インチタブレットでビデオ編集というのはさすがに無理やり感がありますけども、やってみればモバイルコンピューティングを究めた感は絶大です(笑)そもそも私そういう方面に目がいってしまうのは、あちこち出かけて取材したものをパッと編集してアップロードしたいから。

カメラだレンズだ三脚だおやつだと撮影に必要な道具だけでもかさばるのに、それに加えてコンピュータ本体とACアダプターやら何やらと持ち歩くのは大変なわけです。遠方・複数日となればなおさら。

ところが8インチWindowsタブレットだと、cheeroのダンボーバッテリーミニからもUSBで充電できちゃいますからね。
danboard battery
ファストフード店や喫茶ルノアールでコンセントのある席を取り合いしたり、あちこちのコワーキングスペースに入会してみたりといったことももはや過去のことに。これはさすがにMacBook Airにも無理ですわな。ハイパージュースなどのお世話にならないと。

以上のようなことを考えながら結局はMBA13は使いやすいなあと、それを使いながらこのブログを書いてるわけですが(笑)しかし過酷な現場に投入されるようなことがあれば、Windows 8インチタブレットは間違いなく強い味方になるはず。近々それを実証してこようかなとも考えています。

それで…
問題はiPadどうしようかというところなのですけども、誰かが「iPadは楽器です」という名言を残していたので、そういうことにしておきましょう。あれは楽器です。ほんといまそういう位置づけ。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年4月28日 21:39

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー