link4932 link4933 link4934 link4935 link4936 link4937 link4938 link4939 link4940 link4941 link4942 link4943 link4944 link4945 link4946 link4947 link4948 link4949 link4950 link4951 link4952 link4953 link4954 link4955 link4956 link4957 link4958 link4959 link4960 link4961 link4962 link4963 link4964 link4965 link4966 link4967 link4968 link4969 link4970 link4971 link4972 link4973 link4974 link4975 link4976 link4977 link4978 link4979 link4980 link4981 link4982 link4983 link4984 link4985 link4986 link4987 link4988 link4989 link4990 link4991 link4992 link4993 link4994 link4995 link4996 link4997 link4998 link4999 link5000 link5001 link5002 link5003 link5004 link5005 link5006 link5007 link5008 link5009 link5010 link5011 link5012 link5013 link5014 link5015 link5016 link5017 link5018 link5019 link5020 link5021 link5022 link5023 link5024 link5025 link5026 link5027 link5028 link5029 link5030 link5031 link5032 link5033 link5034 link5035 link5036 link5037 link5038 link5039 link5040 link5041 link5042 link5043 link5044 link5045 link5046 link5047 link5048 link5049 link5050 link5051 link5052 link5053 link5054 link5055 link5056 link5057 link5058 link5059 link5060 link5061 link5062 link5063 link5064 link5065 link5066 link5067 link5068
トップページ > エレクトロニクス > Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK 試用と、Windowsタブレットが意外にワコムの液晶タブレット競合だという件

Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK 試用と、Windowsタブレットが意外にワコムの液晶タブレット競合だという件

iPadでのお絵描きは決定打に欠けてた感ありですが、ワコムのデジタイザ搭載であるいくつかのWindows 8.1タブレット製品では、ワコムの液晶タブレット/ペンタブレットとガチで競合するということ。

前評判だけはスゴかったマイクロソフトの「Surface Pro 2」ですとか、iPad不要な生活にしてくれた「ASUS VivoTab Note 8」であるとか、最近はそういったWindowsタブレットをよく使用している私です。
Windows 8inch Tablet

Windowsタブレットであればどれもタッチスクリーンで操作できますが、上記の二製品などはそれだけにとどまらずワコムのデジタイザー「Wacom feel IT technologies」搭載なのです(上記以外にも該当製品有り)。

つまりどういうことかというと、ワコムのドライバに対応し、さらにワコム製の上質なスタイラスペンも利用できるということです。
WACOM Bamboo Stylus feel

以下は、ワコム製のバンブースタイラスfeel(Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK)を試用してみた動画です。

iPadで絵を描くならJot Pro(ジョット・プロ)のようなペン先が細いスタイラスが必要ですが、これが硬いボールベアリングのペン先で、ガラスをトントンするにはやや心配なものです。iPadだけでどうにかするには大変助かるアイテムですが、視差調整できない点なども含めると、そもそもiPadとスタイラスの利用でイラストを描くというのが根本的に間違いかもしれません。

その点「Wacom feel IT technologies」搭載のWindowsタブレットとワコム製スタイラスを使用した場合、液晶タブレットでイラストを描くような感覚そのものです。

下図は私がiPadアプリで描いたものです。書籍でのアプリ解説用に描いたのでそれなりに時間をかけてちゃんと描いたつもりですが、線がおっかなびっくり引いてある印象で活き活きとはしてませんね。
robot
iPadで細い線を描くためのスタイラスに決定打がないので、指先でやっています。それもあって精緻なものはできません。常に失敗を確認しながらの作業です。

対して下図は、Windowsタブレットである「Surface Pro 2」とバンブースタイラスによる落書きです。あくまでさらさらっと描いただけの「落書きで」すが、筆圧感知も相まって先のものより線に活力があると思います。
Wacom Bamboo Stylus feel
こちらは指先ではなくスタイラスペンです。細かな線も問題ないですね。気分的にはもう完全にワコムの液晶ペンタブレット。

私は本職のイラストレーターでもないので本格的な液晶ペンタブレットへのこだわりもなければ購入したこともなく、自宅ではせいぜい安いマウスパッド大のペンタブ(液晶ではないもの)を使っていた程度です。そんなだから余計に、4万円台の8インチタブレットなどが代用品になるというのがステキに感じますね。

プロ用としても足るものかどうかは各々の判断になるのでしょうけど、少なくとも私がPhotoshopなどで落書きレベルのラフを描くのなら、これで必要十分に感じました。iPadとも違って、ちゃんとしたPC用のソフトも利用できるわけですし。

あと個人的に収穫だったのは、WindowsタブレットだけでなくサムスンGalaxy Note 3 でもワコムスタイラスペンが利用できたこと。こちらのほうも実はワコムデジタイザ搭載だったようです。Photoshop Touch なんかもじつはスタイラスありきでこそ利用できるんですよね。iPadでは私は使い道を思いつきませんから。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年5月14日 18:49

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー