link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875 link876 link877 link878 link879 link880 link881 link882 link883 link884 link885 link886 link887 link888 link889 link890 link891 link892 link893 link894 link895 link896 link897 link898 link899 link900 link901 link902 link903 link904 link905 link906 link907 link908 link909 link910 link911 link912 link913 link914 link915 link916 link917 link918 link919 link920 link921 link922 link923 link924 link925 link926 link927 link928 link929 link930 link931 link932 link933 link934 link935 link936 link937 link938 link939 link940 link941 link942 link943 link944 link945 link946 link947 link948 link949 link950 link951 link952 link953 link954 link955 link956 link957 link958
トップページ > エンターテインメント, サイエンス・テクノロジー > アルジャーノンに花束を/24人のビリー・ミリガン著者ダニエル・キイス氏死去

アルジャーノンに花束を/24人のビリー・ミリガン著者ダニエル・キイス氏死去

ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやってください。

アイデンティティをテーマにしたSF小説や、解離性同一性障害(過去に多重人格と呼ばれた症例)などを扱ったノンフィクション作品などで人気を博した作家のダニエル・キイス氏が亡くなったそうです。

アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)

24もの人格を持つというビリー・ミリガンの話は、当時としてはとても衝撃的な内容で、テレビなどでも話題になったので憶えている方も多いのではないでしょうか。その後、多重人格ブームとも呼ばれる類似テーマの作品のオンパレードとなりました。

「アルジャーノンに花束を」は恋愛小説か何かと勘違いされてる方も多いんですが(まあ恋愛要素もストーリー的には絡んできますが)早川書房から出ている歴としたSF小説であります。

私らの世代なんかだとBOØWY解散直後の氷室京介がソロアルバムのモチーフとしてフィーチャーしたことでも話題になりましたし、その後、2002年にユースケ・サンタマリア主演でテレビドラマ化されるも振るわずという結果でした。現在では、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」と同様に、様々なパロディの下地として

ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやってください。

という本書の最後の一説が引用されていますよね。そのパロディの原点を知るためにも是非お読みいただきたい一冊です。

他にもブームに乗って刊行された「五番目のサリー」や「クローディアの告白」など何冊か読みましたが、いちばんお薦めしたいのは「心の鏡」という短編集です。
心の鏡 (ダニエル・キイス文庫)

長編小説版「アルジャーノンに花束を」の元となった中編版を収録しておりますが、これは読んでみると意外に物足りず、むしろ長編を先に知ってしまっていると「つまらない」とすら感じるものでした。

が、その他の短編が豊作でして、なかでもSF作品の「エルモにおまかせ」がお薦めです。コンピュータ(ロボット?)の知性と人格という、現代でも十分通用するというか、むしろソフトバンクからロボットが発売される今だからこそ読み直したい作品ともいえます。

アマゾンにはダニエル・キイスの特集ページがありました。
Amazon.co.jp ダニエル・キイスの著書

代表作である「アルジャーノンに花束を」そして私がお薦めしている「心の鏡」については、文庫だけでなくキンドル版の電子書籍も用意されているので、試しに読んでみるには良いかもしれません。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年6月18日 10:32

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー