link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941 link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972
トップページ > エレクトロニクス > 生まれて初めてソニーα7Sだから灯籠流しが綺麗に撮影できた

生まれて初めてソニーα7Sだから灯籠流しが綺麗に撮影できた

うすボンヤリしてろくに綺麗に写真が撮れなかった灯籠流しですけども、超高感度デジカメSONY ILCE-7S α7Sによって、ようやく納得できるスナップが撮れました。

チョー明るいぜ!
という鳴物入りで登場したフルサイズ・ミラーレス一眼の「SONY ILCE-7S α7S」でございますが、夏場は夜のイベントなども多いので大活躍しております。
ILCE-7S

なかでも炎はうってつけ。

昔、映画の照明について少し習ったときには、ロウソクだのジッポーライターだのに照らされる世界を、どのようにライティングで解決しているかという講釈をよく聞いたものです。

だから当然、写真や映画芸術において炎のかすかな灯りに照らし出される表現は、そのような照明あってこそ為される領域だと考えておりました。

しかし!

遠方のホタルの光までをもしっかりとらえるソニーα7S

これなら灯籠流しもイケるだろう!
ということで石神井公園で開催された「灯籠流しの夕べ」に行って来ました。

いかがでしょ?
石神井公園 灯籠流しの夕べ
F5.6 1/60 ISO12800 200mm

タムロンのAマウント望遠ズーム「70-300mm F4-5.6」を装着しての撮影。まあISO12800くらいだったら最近はエントリークラスの一眼レフやコンデジでもイケるわけですが、この低ノイズは無理でしょう。

しかもですね、上の写真ではシャッター速度1/60でどうにか耐えているわけですが、じつはAマウントレンズをEマウントアダプターで装着するとまったく手ブレ補正機構が働かないのです。ていうか手ブレ補正が無い。というわけで下の写真ではシャッター速度を1/320にして撮影。夜なのに、炎の灯りなのにそのシャッター速度!
石神井公園 灯籠流しの夕べ
F5.6 1/320 ISO102400 300mm

なんとISO102400ですよ。おかげで手ブレをしっかり抑えて撮影できました。フルサイズセンサーならではのこの水面のぬらぬら感も良いですね。

手ブレ補正のついたレンズ&カメラで撮影したら良いんじゃないの?という意見もあるでしょうが、この写真で切り取った箇所はわりと灯籠の流れが速いところでしたので、1/320で撮影できたことで手ブレだけでなく被写体ブレも防げています。

ただまあ等倍観賞に耐えるほどの解像感がないのがこのカメラの残念なところではありますけどね。50%縮小くらいでしたら大変美しく見えます。うーんそれにしても手ブレ補正ないとビデオ撮影は難しいので、FEマウントの望遠レンズも買おうかなあ…



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年8月 6日 02:58

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー