link3650 link3651 link3652 link3653 link3654 link3655 link3656 link3657 link3658 link3659 link3660 link3661 link3662 link3663 link3664 link3665 link3666 link3667 link3668 link3669 link3670 link3671 link3672 link3673 link3674 link3675 link3676 link3677 link3678 link3679 link3680 link3681 link3682 link3683 link3684 link3685 link3686 link3687 link3688 link3689 link3690 link3691 link3692 link3693 link3694 link3695 link3696 link3697 link3698 link3699 link3700 link3701 link3702 link3703 link3704 link3705 link3706 link3707 link3708 link3709 link3710 link3711 link3712 link3713 link3714 link3715 link3716 link3717 link3718 link3719 link3720 link3721 link3722 link3723 link3724 link3725 link3726 link3727 link3728 link3729 link3730 link3731 link3732 link3733 link3734 link3735 link3736 link3737 link3738 link3739 link3740 link3741 link3742 link3743 link3744 link3745 link3746 link3747 link3748 link3749 link3750 link3751 link3752 link3753 link3754 link3755 link3756 link3757 link3758 link3759 link3760 link3761 link3762 link3763 link3764 link3765 link3766 link3767 link3768 link3769 link3770 link3771 link3772 link3773 link3774 link3775 link3776 link3777 link3778 link3779 link3780 link3781 link3782 link3783 link3784 link3785 link3786 link3787 link3788 link3789 link3790 link3791 link3792 link3793 link3794 link3795
トップページ > デジタル一眼 > SONY高感度デジカメ「α7S」と 高解像度「α7R」の違いがよく分かりました

SONY高感度デジカメ「α7S」と 高解像度「α7R」の違いがよく分かりました

撮ってみて一目瞭然、同じようなカメラでも用途ははっきり分かれますね。

ほぼ同等の見た目をもったカメラを二台も導入してしまったがために、いま手元にあるのがどっちなのか分からないこともたまにありますが…

というSONYのデジカメα7S、そしてα7Rでありますけども、皆さんハッキリと違いを認識されていますでしょうか。
ILCE-7S

α7S(ILCE-7S)のほうは高感度モデル、ISO 409600での撮影が可能というケタ外れの暗闇カメラ。対するα7Rのほうは36メガピクセルという高画素の機種。そう言ってみればまったく性格の違うものにも思えます。

ところがどっこい、Webに載せるスナップ写真を撮るくらいならどっちでも良いレベル。
かき氷

こういう感じでブログにでも載せておくぶんには、どちらで撮影しても特に差は感じません。
千本鳥居

上図二点ともα7Sでの撮影。
ちなみにα7Sは高感度、低ノイズのほか、全画素情報読み出しによるジャギーやモアレを抑えた動画の記録が可能という特長もそなえています。どちらかというとビデオカメラ寄りなのですね。

じゃあ動画を撮り比べてみればいいじゃない、しかも夜間に撮影してみればハッキリ差が出るでしょうというわけで試してみたのが以下の作例です。これは必見!

感度とノイズ量の違いもさることながら、これぞ動画ならでは、全画素読み出しビデオ記録ならではというのが、1分54秒目あたりです。画面左下からカラスが飛んでくるのが見えますでしょうか?このカラスのクッキリ度合いが、α7Sとα7Rではまったく違います。α7Rでのビデオ撮影ではラインスキップによって、電線のような細いものは頼りなく写ってしまいますし、ことこのカラスのシーンでは存在が危うくなるほどか細く見えますね。対するα7Sはバッチリ描写しています。

じゃあα7Sがカメラとして圧勝かというと全然そんなことなくて、あくまでもビデオ撮影ではラインスキップ無しで全画素読み出ししたからで、静止画を同じ大きさで比べてみると今度は打って変わって36MP高画素機であるα7Rのほうが際立ってくるわけですね。
α7S VS α7R

似たような見た目のカメラでも、使いどころがハッキリ違うと分かりました。まあいくら何でも上図の例はピンボケも含んでるようにしか見えませんけどもね(笑)。

私個人としては解像感などにはあまりこだわりがないもので、暗所性能が良いα7Sのほうを持ち歩く機会のほうがすっかり増えてしまいましたけどね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2014年8月31日 07:45

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー