link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729 link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821
トップページ > 旅行・乗物 > 尾道が好きな私は利島の坂道も気に入りました #tokyo島旅山旅

online resume editing services

尾道が好きな私は利島の坂道も気に入りました #tokyo島旅山旅

広島県・尾道が好きな理由のほとんどは坂の魅力なのですが、そんな私は伊豆諸島・利島の坂道の魅力にも取り憑かれてしまいました。写真をふんだんに盛り込んでお伝えいたします。

東京都の『tokyo reporter 島旅&山旅』企画で、東京都下の周囲8kmしかない小島「利島」を旅したレポートの第四弾。
(前回の記事は→ 伊豆諸島・利島から見る富士山が最高の絶景だった

利島というのは東京都の市区町村のなかでも最も面積が小さく、人口もおよそ300人ほどしかないそうです。しかも住民ほとんどが港のある北側の集落に住んでいるとのこと。いま流行りのコンパクトシティみたいな感じ?
利島村 — Wikipedia

そうはいっても海のどまんなかにポツンと存在する火山島。島の頂き宮塚山(少なくとも4000年前から休火山のようで安心)から港まではごく短い距離ですから、集落は必然的に傾斜した地面に段々畑のように存在します。
宮塚山へのびる坂道

ですから利島は坂道の宝庫!
しかも山道ですから曲がりくねったカーブの宝庫!
そういうところはシャッター切るのが楽しいんです!
坂と花

突然ですが私は尾道が好きです。
広島県の尾道ですよ。

理由は原田知世ファンだとか大林宣彦もすこし好きだとか朝の連ドラ「てっぱん」が好きだとか穴子が好きだとかはっさく大福が好きだとかだけではなくて、やっぱりあれは坂なんですよ。坂の町が面白い。いい坂がたくさんあるから好き。

そういう尾道ファンの私も唸るほど、ここ利島にも美しい坂、とくにカーブした坂道がたくさんありました。シャッターを切っていると時が経つのも忘れてしまうほど。
末広がりの坂道

こういったオーソドックスなカーブ坂道もあれば
石垣のカーブと下り坂

うねうねと蛇のように曲がりくねった坂道もあります。
うねる坂道

その坂には急勾配を示す標識もありました。
傾斜15%
たしかに先へ進んでみると要標識な傾斜ではありました。

こちらは山肌と並木によるトンネル。
夕暮れのカーブ

単純な上り下りではなく起伏に富んだ地形で、坂道を撮る場所によっては、アップダウンを一枚の写真におさめることもできます。
坂道

この坂なんか真ん中に階段があります。
階段の坂道
長い急勾配だから歩行者のためにはこういう作りが良いのでしょうね。もちろんクルマも通れますし。

坂道のなかには石段で構成されたものも多くあります。
石段

こんな丸い石でできた石段も。
丸い石の石段

こちらの石段をくだっていくと…
石段

どことなく懐かしさを感じさせる神社の境内にたどり着きました。
神社

石段と石畳をあわせて構成された素敵な坂道もあり…
海からの石段

これをトントントンと下っていくと…
石段 港への近道

海へとつながる近道なのでした。
海への近道

いかがですか?
利島の坂道の魅力、伝わりましたでしょうか?
まだまだ坂道については語りたいので、次の記事「坂の魅力とそこはかとなくカリフォルニア感?伊豆諸島・利島の旅」もぜひお読みください。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年10月 7日 18:01

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー