link5840 link5841 link5842 link5843 link5844 link5845 link5846 link5847 link5848 link5849 link5850 link5851 link5852 link5853 link5854 link5855 link5856 link5857 link5858 link5859 link5860 link5861 link5862 link5863 link5864 link5865 link5866 link5867 link5868 link5869 link5870 link5871 link5872 link5873 link5874 link5875 link5876 link5877 link5878 link5879 link5880 link5881 link5882 link5883 link5884 link5885 link5886 link5887 link5888 link5889 link5890 link5891 link5892 link5893 link5894 link5895 link5896 link5897 link5898 link5899 link5900 link5901 link5902 link5903 link5904 link5905 link5906 link5907 link5908 link5909 link5910 link5911 link5912 link5913 link5914 link5915 link5916 link5917 link5918 link5919 link5920 link5921 link5922 link5923 link5924 link5925 link5926 link5927 link5928 link5929 link5930 link5931 link5932 link5933 link5934 link5935 link5936 link5937 link5938 link5939 link5940 link5941 link5942 link5943 link5944 link5945 link5946 link5947 link5948 link5949 link5950 link5951 link5952 link5953 link5954 link5955 link5956 link5957 link5958 link5959 link5960 link5961 link5962 link5963 link5964 link5965 link5966 link5967 link5968 link5969 link5970 link5971 link5972 link5973 link5974 link5975 link5976 link5977 link5978 link5979 link5980 link5981 link5982 link5983 link5984 link5985
トップページ > 旅行・乗物 > 伊豆諸島・利島の坂道を彩るものたち #tokyo島旅山旅

伊豆諸島・利島の坂道を彩るものたち #tokyo島旅山旅

どんだけ利島の坂に惚れたんだよ!という坂道レポート三回目。今回は坂そのものではなく、その脇にあるもの。坂の魅力を引き立てるエトセトラについてお話しします。

東京都の招待による『tokyo reporter 島旅&山旅』シリーズ「利島」を旅したレポートの第六弾。前回の記事「坂の魅力とそこはかとなくカリフォルニア感?伊豆諸島・利島の旅 #tokyo島旅山旅」に続き、またまた利島の坂道の魅力をお伝えします。

坂に咲く花

利島の坂道には、アスファルトやコンクリートの車道、そして石段などもあることをお伝えしてきました。そして沿道を彩るさまざまなものについても触れてきました。ここではそういった坂道の魅力アップにつながっている素敵なものにさらにスポットをあてて深掘りしようと思います。

とても気になった巨岩。海のそばではこういった溶岩が露出している場所が散見されます。
溶岩

そういう溶岩と坂道ってのは火山島ならではの光景ですね。
溶岩と坂道

これが何なのか分からないけど、坂道だけでも素敵なのにハシゴや鉄階段をかぶせてくるハイセンス上級者向けなことになっています。なんだこれ?
坂にハシゴ

うーん
これはこれ坂道として認定できるんだよなあ
階段

坂道カーブが多いということは、カーブミラーもあちこちに存在しています。
利島のカーブ坂道

カーブとブロック屏

2段重ねのカーブミラーなら2方向を一枚の写真に収められて良いですよね。
カーブミラー

坂といえば屏や垣はつきもの。
石垣のカーブと下り坂

石垣に生えるコケも味があっていい
石垣のコケ

石垣に花も咲く!
坂の石垣に花咲く

石垣に咲く花

目地から草も生える
石垣に生える草

こりゃたまげた
石垣に根をはる樹まであるとは
石垣に根をはる樹

人口300人ほどの村ですのでコンビニはなく
商店はあれど、開いてないお店などもあり
ドリンクの自販機は私が見つけた限りだと船着場を含めて3台。他にもあるのかもしれないけど、飲物が手軽に入手できるところではありません。とはいえ村落の行き来はほぼ坂道となるため水分の消耗は激しいです。十分な対策が必要かと思いました。

そして水がなくて大変なのは散策してる観光客だけではありませんよ。
上り坂と消防器具

細い坂道が入り組んでいるので、大型の消防車が出入りするのは不可能かもしれませんね。いたるところに消防団の器具置き場がありました。
消防器具置場

カーブ坂と消防器具置場

ほんとよく見かけるなあ。
消防器具

のんびり行こうぜとカタツムリくん
カタツムリと消防ランプ

坂があるから、家の屋根から生えてる小さな樹も見える。坂をのぼったからこその、この高い目線ですね。
屋根に生える樹

今回の旅のなかではベストショットではなかろうか。
古びたコカコーラのボトルケース。これが坂と関係あるのかって?
Coca Cola

地面に置いてあるものをめちゃくちゃローアングルで撮るのって『ローアングルで撮ったら面白そう』と気づいたときだけでしょ?上の写真は坂道をくだって行くなかで見上げた光景。そういう意味ではローアングルではなくて、立ち位置から仰いだ目線。坂ありきの写真なんですよ。

この花はどうでしょう?
坂下から見上げる花壇

奥に見える斜面は宮塚山です。
民家の花壇に咲いていた花なのですが、これも坂の下からなのです。屈んだり寝そべったりしなくてもこういう写真が撮れます。撮れるというか、気づくんですよね、こういう小さな花びらが陽の光をあびて透けていることに。これは目線の高さでこういう光景が繰り広げられているからこそ、坂あっての気づきなのでした。

利島の旅レポ、次回「まさに金のなる木、椿油で高齢者の貧困問題も解決?東京・利島の民宿しんき女将さんに聞いた話」へつづく


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年10月 7日 19:01

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー