link6278 link6279 link6280 link6281 link6282 link6283 link6284 link6285 link6286 link6287 link6288 link6289 link6290 link6291 link6292 link6293 link6294 link6295 link6296 link6297 link6298 link6299 link6300 link6301 link6302 link6303 link6304 link6305 link6306 link6307 link6308 link6309 link6310 link6311 link6312 link6313 link6314 link6315 link6316 link6317 link6318 link6319 link6320 link6321 link6322 link6323 link6324 link6325 link6326 link6327 link6328 link6329 link6330 link6331 link6332 link6333 link6334 link6335 link6336 link6337 link6338 link6339 link6340 link6341 link6342 link6343 link6344 link6345 link6346 link6347 link6348 link6349 link6350 link6351 link6352 link6353 link6354 link6355 link6356 link6357 link6358 link6359 link6360 link6361 link6362 link6363 link6364 link6365 link6366 link6367 link6368 link6369 link6370 link6371 link6372 link6373 link6374 link6375 link6376 link6377 link6378 link6379 link6380 link6381 link6382 link6383 link6384 link6385 link6386 link6387 link6388 link6389 link6390 link6391 link6392 link6393 link6394 link6395 link6396 link6397 link6398 link6399 link6400 link6401 link6402 link6403 link6404 link6405 link6406 link6407 link6408 link6409 link6410 link6411 link6412 link6413 link6414 link6415 link6416 link6417 link6418 link6419 link6420 link6421 link6422 link6423
トップページ > 旅行・乗物 > 伊豆諸島・利島への旅行で気をつけるべきこと #tokyo島旅山旅

伊豆諸島・利島への旅行で気をつけるべきこと #tokyo島旅山旅

利島がいまひとつメジャー感がなくプチ秘境である理由と、それによる帰れなくなる危険性への対策。あと坂道の散策で気をつけておきたいこと。

東京都のPR企画『tokyo reporter 島旅&山旅』により「利島」へ旅してきたレポート第九弾です。前回の記事は「利島の星空と影ヤングマン」です。

さて、この旅レポートもそろそろ終わりに近づいてきました。
10月3日の昼頃に利島へ上陸し、ほぼ丸一日のみの滞在で翌10月4日のお昼には、私は大型客船に乗っておりました。
大型客船

はい
大型客船に

大型客船

行きは高速ジェット船でビューんと速いって褒めてたのに、帰りはのんびり大型客船で帰るんかい!?

いえいえイエーイベイビーいえいえ違います。のんびり旅情を楽しみたいわけではありません。やむにやまれぬ事情ありです。本当は二泊三日の滞在予定だったのですが、それだと時化で船が着かない可能性があったのです。そもそもこの旅自体も9月の半ばに予定していたのですが、欠航と重なり10月となったのです。

これまでも書いてきたとおり、利島の外形は丸くて入江がないので人工の防波堤があるのみなんですよね。桟橋もほかの島よりは高さがあるようですが、それでも船が着かないことはあるそうで。その辺が利島行きを阻む要素というか、プチ秘境の度合いを高めていて良い感じでもあるんですけどね。
波かぶる2

そして当然のことながら、高速ジェット船はやや小ぶりなので、大型客船と比べれば波に弱い。
桟橋に大波2

にもかかわらず利島からの東京行き最終便は

12:50発:大型客船
14:15発:高速ジェット船

となっておりまして
つまり最終のジェット船まで粘ってしまうと船が利島に着かない可能性すらあると。『いやあ今日はさすがに着くでしょう』なんて会話が船の切符売場でされている。逆にいえば、そんな会話になるほど船が来れない可能性があるというわけでしょうな。

ドルフィンスイムのスタッフの方、そして民宿しんき女将さん、お二人から大型客船での帰りをすすめられる。しかし大型客船てのは昼に乗っても東京・竹芝着は夜になってしまうんですよね。と悩んでおりましたらば、民宿の女将さんが『大型船で大島まで行って、そこでジェットに乗り換える』のだと教えてくれました。

なるほど!
船が着きにくい利島ならではの乗り方!

というわけで、利島よさらば
12:50発の大型客船に乗って伊豆大島へと向かいます。
利島全景、帰りの船から

私は朝の9時過ぎには民宿を出たのですが、そのあとできるだけ利島の写真を撮りながら移動したかったので荷物をどうしようかと悩んでいたところ、船出まえの12時頃には女将さんが宿泊客のスーツケースなどを港へ届けてくれるとのこと。これは助かります。

民宿でのお昼ごはんは中止となりましたが、スーツケースと一緒に女将さんお手製のお弁当も届けていただきました。おにぎり三個とゆで卵、ウインナー。大型客船のなかで食べたよ。美味しかった。
お弁当

利島の船の待合所には食堂や弁当屋もなく、あるのはサントリーの飲料の自販機のみ。民宿でお弁当まで作ってもらえるのは本当にありがたい!

と思ってたんですが、さすがに大型客船内にはレストランもあるのですね。以下の写真はその食券の券売機ですが「骨付きインドカリー」って何なんだろう?(笑)
食堂券売機

そうはいっても伊豆大島へは一時間弱で到着してしまうので、あわてながら船内レストランを利用するよりは、やはり民宿のお弁当があって良かったと思います。美味しかったし。

あとドリンクの自販機の話が出たところで、以前の記事でも書いたことの繰り返しになりますけども、利島にはほぼ自販機が存在しないことをお伝えしておきます。私が見たのは船の待合所に1つと集落内に2つ。一応グーグルストリートビューで島内をぐるっと見てみましたけど自販機は見当たらず。もちろん他にもあるかもしれないし、人口比でいえばそれだけでも十分そうですが、とにかく坂道を移動しながらの散策に水分補給は欠かせませんので気をつけてください。都会の駅前みたいに10mごとに何か売ってるような環境ではありませんので。

さて話を帰路に戻しますけども、大島へ到着したら後は安心、高速ジェット船に乗り換えて竹芝へビューンと帰るだけであります。
高速ジェット船

以上
ジェット船の発着(波の具合)と水分補給(のためのドリンク購入)に気をつけるということです。次回「竹芝まで伊豆諸島は終わらない!2015年・利島の旅 最終回」へつづく。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年10月 7日 20:28

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー