link0 link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44 link45 link46 link47 link48 link49 link50 link51 link52 link53 link54 link55 link56 link57 link58 link59 link60 link61 link62 link63 link64 link65 link66 link67 link68 link69 link70 link71 link72 link73 link74 link75 link76 link77 link78 link79 link80 link81 link82 link83 link84 link85 link86 link87 link88 link89 link90 link91 link92 link93 link94 link95 link96 link97 link98 link99 link100 link101 link102 link103 link104 link105 link106 link107 link108 link109 link110 link111 link112 link113 link114 link115 link116 link117 link118 link119 link120 link121 link122 link123 link124 link125 link126 link127 link128 link129 link130 link131 link132 link133 link134 link135 link136 link137 link138 link139 link140 link141 link142 link143 link144 link145
トップページ > 旅行・乗物 > 東京都内でジョロウグモを撮るなら利島村だ!利島の旅・番外編 #tokyo島旅山旅

東京都内でジョロウグモを撮るなら利島村だ!利島の旅・番外編 #tokyo島旅山旅

日本最大の蜘蛛、ジョロウグモ(女郎蜘蛛)は昆虫写真などをやる者にとっては、たいへん魅力的な被写体です。そのジョロウグモが小さな集落のあちこちのお宅で巣を張っているのですから、ジョロウグモ写真家なら利島へ行かない理由が見当たりません!

東京都のPR企画『tokyo reporter 島旅&山旅』により「利島」へ旅したレポート番外編と全記事リンクまとめです。

いやあ楽しい旅でした、伊豆諸島・利島!
船

散策しながら写真を撮ってると、色んな昆虫を目にしました。特に島ならではの種というのは見かけませんでしたが、やはり本土よりは暖かいですからまだまだ夏のように虫がいました。予想通り、蚊にも刺されましたよ。虫刺されの塗り薬を持参して正解でした!
花

さてずいぶん昔のことですが「女郎蜘蛛ってこんなに綺麗だとは知らなかった」とブログに書いたころから、ジョロウグモが好きで好きでたまりません。

三年前、高知旅行に行ったときも、同行者に呆れられるほどジョロウグモを撮りまくってました。

撮りまくってたら、はぴいさんに「また撮ってるよ」なんて言われたんですが

動画も撮ったりなんかしちゃったりしてます。
女郎蜘蛛の動画

幼少のころ東映スパイダーマンによって目覚めてしまったものですから、こういう大きなクモやその巣がカッコイイと思ってしまうんですよね。

それでね、
利島をぶらぶらと歩きまわっていたら沢山いるんですよ!あちこちに糸を張ってるんです、ジョロウグモが!
屋敷のジョロウグモの巣

もしかしたら各家に1匹は棲んでるのではないかと思うほど、どこの庭先や軒先でも立派なクモの巣が見つかる。こりゃ撮影しないわけにはいかんでしょう?
屋敷のジョロウグモの巣

蜘蛛ときいて避けたくなる方もいるでしょうけど、まあそういう方は観察するほどの関心自体がないでしょうから、むしろクモの存在に気付かないとも思います。私とてもジョロウグモが好きだから気付くわけで、クモ写真好きのカメラマンならぜひ利島に行ってみてほしい。

なにしろ利島の集落は島の北側にギュッとかたまってるので、多くの家々を巡って歩くのはそんなに難しいことでもないです。

そこらじゅうに坂があるのはお伝えしてきた通り、また藪や電線、庭木や生垣などなども小さな集落に凝縮されており、巣を張りやすい条件がめちゃくちゃそろっています。
ジョロウグモ

坂があることは撮影者にとってたいへん幸いしております。坂のおかげで上から下からいろんな場所や方向からジョロウグモをとらえることができます。
ジョロウグモの巣、横から雄雌の姿

坂のおかげで近くから撮ることができると言っても良いかもしれません。
ジョロウグモ横から

ジョロウグモ

本当にいろんなところに巣を張ってるので、逆光により巣の糸が輝くさまをとらえることもできますし
ジョロウグモの巣、逆光に照らされ

またシルエットで撮影するのも良いですよね。
ジョロウグモ

椿の樹と撮るのも利島ならでは。
椿とジョロウグモの雄雌シルエット

こちらのお宅には近い場所で2つも巣がありました。
椿とジョロウグモ

ああ美しい。ほんと美しい。
ジョロウグモの巣

電線とのコラボが五線譜のようです。
電線とジョロウグモ

お食事中の方もいらっしゃいました。
捕食中のジョロウグモ

いやあほんと大満足でした。
Silk spider

以下「tokyo reporter 島旅&山旅」の利島旅行、全記事へのリンクです。

  1. 東京から出ずに南の島へ旅立つ方法と到着するまで — 利島への旅
  2. 東京都内でイルカと泳げる?
  3. 伊豆諸島・利島から見る富士山が最高の絶景だった
  4. 尾道が好きな私は利島の坂道も気に入りました
  5. 坂の魅力とそこはかとなくカリフォルニア感?伊豆諸島・利島の旅
  6. 伊豆諸島・利島の坂道を彩るものたち
  7. まさに金のなる木、椿油で高齢者の貧困問題も解決?東京・利島の民宿しんき女将さんに聞いた話
  8. 利島の星空と影ヤングマン
  9. 伊豆諸島・利島への旅行で気をつけるべきこと
  10. 竹芝まで伊豆諸島は終わらない!2015年・利島の旅 最終回
  11. 東京都内でジョロウグモを撮るなら利島村だ!利島の旅・番外編


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年10月 8日 08:38

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー