link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729
トップページ > デジタル一眼 > レンズスカートLSKT-10で窓越しの夜景に映り込みなし、窓ガラスの反射にさようならのカメラマン必携アイテム

レンズスカートLSKT-10で窓越しの夜景に映り込みなし、窓ガラスの反射にさようならのカメラマン必携アイテム

LENS SKIRT(レンズスカート)LSKT-10 なる製品がプロ機材ドットコムにて販売されていました。夜景展望台やクルマ・電車の窓越しなど、窓ガラスに反射する映り込みをシャットアウトするにはとても良いアイテム。忍者レフより小回りが効くのも高評価でした。

夜景撮影

窓ガラス越しに写真撮影することはよくありますけども、特に高層ビルからの夜景などでは、室内からの反射光など映り込みがたいへん気になりますよね。
レンズスカートなしα7R
上は室内の明かりで窓ガラス反射が大きく写り込んでしまった例

忍者レフという製品もありますが、あくまでもレフ板の形状なので隙間から光が射し込んだり、サイズ的に展開するのがはばかられることも。そこでこのレンズスカートという製品を購入してみました。

レンズスカート

夜景に限らず映り込みが気になる窓越しの撮影全般に使えそうです。
特に窓のサイズが小さかったり、公共の場で忍者レフのように大きなレフ板を展開できない場合、電車や新幹線・クルマの窓などからこじんまりと撮影したい場合などなどにも良さそうです。

形状的にはマットボックスのような感じで、名前の通りレンズ先端にスカートのように被せます。布製のレンズフードとも言えますかね。

材質的には上部の巾着状の部分と、下部スカートの内側については、柔らかで機材を傷つけないような(スウェード風とでもいうか)やや毛羽立った生地。光の反射も少ないです。スカート外側はおそらくナイロンだと思うのですが、丈夫でやぶれにくそう。内外ともにカメラカバー製品にもよくある材質の振り分け方ですね。

スカート先端、四隅の吸盤によって窓ガラスに吸着させて使用します。実際に窓に吸着させてみると指が通るくらいの隙間が空いたりもしますが、撮影した画像を見る限りでは、そのような隙間のある状態でもしっかりと映り込みする要素を遮ってくれました。

このようにレンズ先端に文字通りスカートのように装着(レンズが隠れて見えないけど)。
LNESSKIRT

フィルター径77mmの太めなレンズでも、鏡胴の細いコンパクトデジカメ(RX100M3)でも使用できました。下の写真はRX100M3に装着した例
LNES SKIRT

比較するまでもないのですが、レンズスカートなしで撮影するとこのように盛大に映り込みがあります。
レンズスカートなしRX100M3

上の写真と、この下のレンズスカート装着時の作例写真は、RX100M3での撮影ですけども、焦点距離は最広角端24mm相当となっております。
レンズスカートありRX100M3

製造元では、フルサイズ一眼レフに15mmもの広角レンズを装着して撮影テストを行ったとのこと。私が所有しているツァイスの16−35mmレンズの広角端でもケラレることなく撮影できました。(周辺光量が落ちてるのはケラレではなくレンズの特性です)
レンズスカートありα7R

畳めばコンパクトですし旅行に携行するにもあまり荷物になりません。忍者レフもあれはあれで良い製品(なんたってレフ板になる)なんですけども、窓越しの撮影のみに関してはこのレンズスカートに軍配が上がりそうです。場所をとらず装着や設置が楽でした。

最近は飛行機が離着陸する際も電子機器の電源つけっぱなしOKだったりもして、空港へのアプローチあたりで良いシャッターチャンスも多そうです。そんな時にも役立ちそうですね。
レンズスカート



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年1月29日 19:58

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー