link3796 link3797 link3798 link3799 link3800 link3801 link3802 link3803 link3804 link3805 link3806 link3807 link3808 link3809 link3810 link3811 link3812 link3813 link3814 link3815 link3816 link3817 link3818 link3819 link3820 link3821 link3822 link3823 link3824 link3825 link3826 link3827 link3828 link3829 link3830 link3831 link3832 link3833 link3834 link3835 link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941
トップページ > Adobe > Adobe Premiere Pro CC 2015 からガベージマット機能(garbage matte)が消えた件とその対処法

see more

Adobe Premiere Pro CC 2015 からガベージマット機能(garbage matte)が消えた件とその対処法

アドビ・プレミア・プロ CC 2015がリリースされましたけども、ささっと座標でマスクする便利機能ガベージマット(garbage matte)というエフェクトが無くなってしまった件についてと、その対処方法、そしてまだインストールしてないユーザーへのアドバイスなど

つい先日Adobe CC 2015 がリリースされました。

NAB Show のときから最新機能だけは追っかけていた私ですが…
NAB Show コラム:ラスベガスでアドビの切ったカードにジェットダイスケが驚いた話

無くなる機能については無頓着すぎまして、
いざインストールしてみてから気付きました。
あとの祭りすぎる(笑)!!

ガベージマットという私のなかでは重要な機能がきれいさっぱりバッサリ切られてしまいました。跡形もない(涙)ビデオエフェクトのキーイングのとこに4点、8点、16点のガベージマットがあったはずなのに、その3つとも見当たらない。

ガベージマットとはこのようにビデオにマスクを施す効果なのですが…
ガベージマット
これ、マスクの頂点を座標で指示する必要があるため、4点ならともかく16点ともなるとあまりにも面倒すぎるエフェクトだったのです。しかし、座標の数値入力で正確にビシッと切り取りたい私にはうってつけのものでした。

大事なことなのでもう一度言います。
数値入力でビシッと切り取れます。直感的ではないのでいわゆるクリエイター風情には嫌われるかもしれませんが、私の性格と用途では座標指定でできるというのがピッタリなのでした。

一昨日、アドビのイベントにて「Character Animator」という新アプリのデモを行わせていただきました。その際にもアドビの方々に質問してみたのですが解決せず… で、先ほど検索してみたところ、Adobeのフォーラムに以下のスレッドが立っておりました。
Why is garbage matte gone in CC 2015? | Adobe Community(Google翻訳)
※なぜかもとの英語ページではエラーが出て、Google翻訳を通すと読み込めたので、リンク先もそうしております。

これによりますと…

すべての効果で利用できるより多くのことができるマスキングツールのために廃止されました

おいおいおい(笑)
しかも翻訳ツールのせいでガベージマットがそのまんま「ごみマットツール」と訳されてるのが物悲しい。いらん子ではなかったのですよゴミじゃないんですよ!

根本的にこの考え方は間違っていてですね、2014から新たに採用されてるマスクは基本的にエフェクトにかかるわけですね。例えばモザイクとかボカシに紐付いてくる。モザイクかけたいんだったら有用なんですけども、単純に(たとえばAfter Effectsのマスクみたいに)エフェクトとは無関係にフッテージを切り抜きたいだけの場合にガベージマット重宝してたんです。

では、Premiere Pro CC 2015 からは単純な切り抜きの際にどうすればいいかというと「クロップ」を使用するのが正解かなと思います。ビデオエフェクトの「トランスフォーム」フォルダに入っています。
Premiere

「クロップ」を使えば座標ではないですが、上下左右のパーセンテージで四角く切り抜けます。そこにマスクを併用してやることで、思った通りの形状に切り抜くことも可能になっています。
effect pane

mask

いやあ、良かった良かった。

と思えますかってーの!
座標指定したい場合には何の解決にもなってないじゃん!
でも、これしか解決策が見つからないんだよなあ。

それでね、先述のフォーラムで言われてたのは、2014までのプロジェクトファイルについては、ガベージマット残ってると。当たり前ですけども、すでにシーケンス上で使用されたガベージマットは残されていると。ただし新たにそれを施すことはできないそうです。なにそれ(笑)

そしてまだ2015をインストールしてない方で、ガベージマットが必要な方で、でも2015をインストールしたい方は、『過去バージョンを残したい場合の注意点 | Adobe Creative Station』をご一読あれ。

要約しますと、
Creative Cloudアプリ(メニューバーなどに常駐してるアレ)でアップデートする際に、うっかり押してしまいそうな「すべてアップデートする」はくれぐれも選択せずに、各アプリごとに「アップデート」をクリック。その時でてきた「詳細オプション」にて、「以前のバージョンを削除」のチェックボックスを「オフ」にすると。

そうすることで、2014とも共存できるわけですね。
私いきなり前のめりでMacもWindowsも普段使ってるマシンぜんぶゴッソリと行ってしまったので、業務上いったいどうしますかという事態になっているわけです(笑)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年6月19日 06:38

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー