link4526 link4527 link4528 link4529 link4530 link4531 link4532 link4533 link4534 link4535 link4536 link4537 link4538 link4539 link4540 link4541 link4542 link4543 link4544 link4545 link4546 link4547 link4548 link4549 link4550 link4551 link4552 link4553 link4554 link4555 link4556 link4557 link4558 link4559 link4560 link4561 link4562 link4563 link4564 link4565 link4566 link4567 link4568 link4569 link4570 link4571 link4572 link4573 link4574 link4575 link4576 link4577 link4578 link4579 link4580 link4581 link4582 link4583 link4584 link4585 link4586 link4587 link4588 link4589 link4590 link4591 link4592 link4593 link4594 link4595 link4596 link4597 link4598 link4599 link4600 link4601 link4602 link4603 link4604 link4605 link4606 link4607 link4608 link4609 link4610 link4611 link4612 link4613 link4614 link4615 link4616 link4617 link4618 link4619 link4620 link4621 link4622 link4623 link4624 link4625 link4626 link4627 link4628 link4629 link4630 link4631 link4632 link4633 link4634 link4635 link4636 link4637 link4638 link4639 link4640 link4641 link4642 link4643 link4644 link4645 link4646 link4647 link4648 link4649 link4650 link4651 link4652 link4653 link4654 link4655 link4656 link4657 link4658 link4659 link4660 link4661 link4662 link4663 link4664 link4665 link4666 link4667 link4668 link4669 link4670 link4671
トップページ > デジタル一眼 > 親指AFにして少し困ってること

נערות ליווי בחיפה. Ski in Hahnenklee, für auto und

親指AFにして少し困ってること

デジカメのシャッター半押しでAF(オートフォーカス)する人が大半だと思いますが、最近本格的に親指AFに移行しました。

最近はおもに野鳥ばかり撮ってるダイスケです。
Kingfisher カワセミ

デジタル一眼(一眼レフとかミラーレス一眼)を使ってる方なら親指AFという言葉は聞いたことがあるかと思います。

デフォルトではシャッターボタンの半押しでAFが動作するようになっていますが、ちょうど親指あたりに設置されているボタンにその役割を移すことができるのです。設定方法については機種やメーカーによりさまざまな呼び方があると思いますが「カスタムボタンの設定」といったような名称のメニューでおそらくは設定できるはずです。

で、昔々その親指AFが便利ということで一時期使ってみたものの、体が覚えているのがシャッター半押しだったのでどうにも馴れることができず、しかも一眼以外のコンデジなどはそんな設定すらできないものがほとんどですから、複数のカメラを渡り歩く私のような人間にはあまり合うとは言い難いものでした。

ところが最近カワセミの撮影が主になってきてから、どうにもシャッター半押しAFでは都合が悪くなってきました。というのも…

シャッターボタンを半押しするたびにAFが動作してしまうんですよ(笑)いやそれが普通なんだからそれでいいじゃないかと思う皆さんはそのままでいいです。手持ちスナップ写真はそういう考え方でOKだと思いますよ。

でもね、考えてもみてください。

たとえば三脚にすえてじっくり風景撮影したい場合。
なんなら長時間露光で何カットか撮影しておきたい場合。
そのたびにAFが作動してレンズのモーター音がジーコジーコいうわけですよ。
AFポイントやAF範囲によっては先のカットと違うとこにピントが飛んでくわけです。
夜景なんか暗いもんだから意味不明なとこにピントがすっ飛んでいく。

そんなのMFにしておけよ!
と仰るでしょうが、そもそも親指AFならシャッター半押しで動作しません。

つぎの機会にMFのまま撮影しようとして
「あれ?AFが作動しない!なぜだ?」
と考えてるうちにシャッターチャンスを逃したことあるでしょう?

飛びもの、動きもの等
置きピンで狙っておきたいものも同様です。
シャッター半押しにして10分とか待っていられませんて。
いつ飛び出すかわかんない鳥なんか特に!
なかなか来ないわりに超高速で駆け抜ける電車も!

鳥の場合なんてAFが背景に引っ張られること多々ですから、いっぺんピントが持っていかれると、そのときのシャッターチャンスの瞬間ではリカバーし難いんですよね。下の写真みたいに鳥が単に横移動しただけなら、ある程度の被写界深度をとっておけば置きピンでカバーできますからね。それがシャッター半押しAFになってると、どうせ追えもしないのにメーカーご自慢のナンタラAFとやらが作動して全部背景に持ってかれますから。
Kingfisher diving

あと花火大会とか明るいうちに場所取りして構図きめて、そして目標物が目視できるあいだにピントも合わせておいて、さあいざ撮影しようというときシャッターに触れたら、AFが暗闇を永遠にさまよってシャッターチャンス逃しちゃうとかあるでしょう?いやいや、そんなのMFにしておけよ!ってか。つぎの機会にMFのまま(以下略)

あのね、いまやiPhoneだってAFとAEは切り分けられるんだから、一眼でそれをやらない手はないのですよ。iPhoneの例を出して気づいた方も多いでしょうが、ピント合わせが「測光」と別立てになることの便利さもあるわけです。どちらかミスったときも被害は少なくて済みます。というか測光がおかしくても昨今のPhotoshopはどうにかしてくれますけどもピンボケは如何ともし難いですよ Lytro 使ってるわけでもなければね。

というわけですっかり親指AFのエヴァンジェリストになってる私ですが、相変わらず複数のカメラを使っているとやや不便な面も見えてきます。それは、メーカーや機種によって親指AFの挙動やボタン位置がぜんぜん違ったりすること。

キヤノンの一眼レフをお使いの方は多いかと思いますがこれは無問題。じつに使いやすい。

そしてソニーの場合は…
以下はα7シリーズですけども、ちょうど親指がくる付近に「AF/MF」そして「AEL」と書かれたスイッチ&ボタンが見えますでしょうか?このボタン押すことでMF時でも一時的にAFが効くんですわ。
SONY

親指AFというか、一時AFなんですけども、これは動作としてはじつに分かりやすいですな。AFじゃないときはMFという二択ですから。

そしてつぎは今年から使い始めたオリンパスOM−D E-M5 MarkII
OLYMPUS

これね、ファインダーの横に「1」「2」という切り替えスイッチが見えるでしょう?その軸の部分の円形のとこがボタンになってます。親指AFを割り当てるとしたらそこになります。

遠いだろうよ!!!!
親指の置き場からかなり遠いだろ!!
ファインダーの真横だぞ!!!(笑)

まあコンパクト筐体ですから実際にはめちゃくちゃ遠いというわけでもないのですが、どうにもしっくり来ない位置には違いありません。その代わりといっては何ですが、サクサクとシャッターが切れてAFもビシバシ合う優れものデジカメであることは間違いありません。以下のような瞬間も難なく切り取ることができます。
京都水族館 イルカショー

そのうえ背面ディスプレイでタッチAFも使えます!

とかフォローしてみたんだけど、別売り縦グリップのほうには親指AFしやすそうなファンクションボタンがちゃんと付いてるんだよなあ… いったいどういう仕様なんだこれは(笑)
縦グリップ

そんなわけで、今オリンパスのちょっとした仕様の件でやや困っています。なにしろ先述の通り、親指AFってのはカラダで覚えてなんぼですから、すべてのカメラで親指AFを設定しておかないと絶対に操作に戸惑うわけです!!ぜひとも今後の新型機では親指AFも考慮していただきたいところです!!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年8月12日 06:42

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー