link4964 link4965 link4966 link4967 link4968 link4969 link4970 link4971 link4972 link4973 link4974 link4975 link4976 link4977 link4978 link4979 link4980 link4981 link4982 link4983 link4984 link4985 link4986 link4987 link4988 link4989 link4990 link4991 link4992 link4993 link4994 link4995 link4996 link4997 link4998 link4999 link5000 link5001 link5002 link5003 link5004 link5005 link5006 link5007 link5008 link5009 link5010 link5011 link5012 link5013 link5014 link5015 link5016 link5017 link5018 link5019 link5020 link5021 link5022 link5023 link5024 link5025 link5026 link5027 link5028 link5029 link5030 link5031 link5032 link5033 link5034 link5035 link5036 link5037 link5038 link5039 link5040 link5041 link5042 link5043 link5044 link5045 link5046 link5047 link5048 link5049 link5050 link5051 link5052 link5053 link5054 link5055 link5056 link5057 link5058 link5059 link5060 link5061 link5062 link5063 link5064 link5065 link5066 link5067 link5068 link5069 link5070 link5071 link5072 link5073 link5074 link5075 link5076 link5077 link5078 link5079 link5080 link5081 link5082 link5083 link5084 link5085 link5086 link5087 link5088 link5089 link5090 link5091 link5092 link5093 link5094 link5095 link5096 link5097 link5098 link5099 link5100 link5101 link5102 link5103 link5104 link5105 link5106 link5107 link5108 link5109
トップページ > グルメ・食文化, 旅行・乗物 > 日本一まずそうな見た目の駅弁「ぶりかまステーキ弁当」は日本一美味しい駅弁だった!食ってみろ

日本一まずそうな見た目の駅弁「ぶりかまステーキ弁当」は日本一美味しい駅弁だった!食ってみろ

うまい駅弁日本一「ますのすし」の源さんが手がける、その仏頂面なビジュアルとは裏腹に超絶おいしい激ウマ弁当を発掘したぞ。

ぶりかま弁当モザイク

JR東京駅の改札内にある駅弁専門店「駅弁屋 祭」というお店をご存知でしょうか?

全国津々浦々のさまざまな駅弁を取りそろえており、旅行しなくてもアノ有名な駅弁が買えてしまうという、いろんな意味で恐ろしい弁当屋です。私は新幹線で出張・旅行するとき、いつもこのお店で駅弁を買います。大阪に行くのに「峠の釜飯」だったり、金沢に行くのに「明石ひっぱりだこ飯」だったり、もはや旅情と食欲を傍若無人に分離できてしまうのです。

さてそんな東京駅の駅弁屋で見つけたお気に入りの弁当があります。それがこの富山の駅弁「ぶりかまステーキ弁当」(1100円)です!
ぶりかまステーキ弁当パッケージ斜め

製造元は「ますのすし本舗 源」さん。
駅弁ランキングで何度も一位に輝いているあの「ますのすし」の源(みなもと)さんなのです。その源さんが、天然のいけす富山湾のブリを使った弁当をつくっているのだから買わないわけにはいきません。京都旅行なのに、東海道新幹線なのに、ぶりかまステーキ弁当の蓋を期待値MAXでオープンしました!

あれ?
すごくマズそうに見えるんですけど?
ぶりかまステーキ弁当の全容

白飯のうえにドス黒く濁ったワカメが並べられ、メインのぶりかまステーキがどんどんどんと三切れ。これは…もうしわけないけど、お世辞にも食欲のわくビジュアルにはほど遠い…
ぶりかまステーキとワカメ

しかし!
恐る恐る、ぶりかまステーキを箸で口へ運んでかぷっと噛みついたところ、意外すぎるほど柔らかい!硬式野球ボールかと思ってたらスポンジボールだったというくらい柔らかい。ふわっと舌のうえでほぐれてゆくブリの身。これは照り焼きかと思いきや、おそらく時間をかけて甘辛く煮込んだものですね。

骨まで箸でほぐれる!
煮汁がよくしみておりクセがない。

やばい
これはやばい
ぶりかまステーキなんて良い意味でまったくの嘘じゃないか!
こんな美味い魚の煮付けなんてそうそう出会えるもんじゃないぞ。

日本一まずそうな駅弁に見えたのに
これ今のところ私のなかで暫定一位です!
さすがは「ますのすし」の源さんです
宣伝がうまくいってないのか見た目で敬遠されてるのか知らないけど、この駅弁の味は一位でおかしくないイン・ジャパン。俺のミシュランガイドが三ツ星を叫んでいます!

というわけで、その翌月の京都旅行でもやっぱり買っちゃいました。
ぶりかまステーキ弁当パッケージ正面

しかしまあ、何度見てもやっぱりマズそうです(笑)すでに美味しいとわかっているのに、このビジュアルには警戒してしまいますね(笑)せめてこの黒いワカメだけでもどうにか工夫できんのか?
ぶりかまステーキ弁当

でも食べるとやっぱり最高なんです。
俺のモンドセレクションが最高金賞を叫んでいます!
ぶりかまステーキとワカメ

噛めば噛むほど旨味が口のなかに広がります。いや、噛まなくても舌のうえで転がすだけでも、ほろりほろりと甘く柔らかい身がどんどん分身して、そのまま目を閉じ、味覚以外のセンサーをシャットダウンしていつまでも味わっていたくなる幸せ。俺の彦摩呂が宝石箱と叫んでいます!

もし皆さんもどこかで「ぶりかまステーキ弁当」を見かけたら、日本一マズそうなその見た目と、日本一美味しいその味とのギャップを味わってみてください。1100円でこれが食べられるとは、日本の駅弁文化はなんて奥深いんだ。

※ 補足:見た目がマズそうと何度も書いてますが、製品や作ってらっしゃる方々をけなす意図はございません。くれぐれも。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2015年9月15日 14:10

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー