link6132 link6133 link6134 link6135 link6136 link6137 link6138 link6139 link6140 link6141 link6142 link6143 link6144 link6145 link6146 link6147 link6148 link6149 link6150 link6151 link6152 link6153 link6154 link6155 link6156 link6157 link6158 link6159 link6160 link6161 link6162 link6163 link6164 link6165 link6166 link6167 link6168 link6169 link6170 link6171 link6172 link6173 link6174 link6175 link6176 link6177 link6178 link6179 link6180 link6181 link6182 link6183 link6184 link6185 link6186 link6187 link6188 link6189 link6190 link6191 link6192 link6193 link6194 link6195 link6196 link6197 link6198 link6199 link6200 link6201 link6202 link6203 link6204 link6205 link6206 link6207 link6208 link6209 link6210 link6211 link6212 link6213 link6214 link6215 link6216 link6217 link6218 link6219 link6220 link6221 link6222 link6223 link6224 link6225 link6226 link6227 link6228 link6229 link6230 link6231 link6232 link6233 link6234 link6235 link6236 link6237 link6238 link6239 link6240 link6241 link6242 link6243 link6244 link6245 link6246 link6247 link6248 link6249 link6250 link6251 link6252 link6253 link6254 link6255 link6256 link6257 link6258 link6259 link6260 link6261 link6262 link6263 link6264 link6265 link6266 link6267 link6268 link6269 link6270 link6271 link6272 link6273 link6274 link6275 link6276 link6277
トップページ > サイエンス・テクノロジー > 蜃気楼の撮影に成功、東京から日帰りでも行けるぞ

蜃気楼の撮影に成功、東京から日帰りでも行けるぞ

蜃気楼で有名な富山県魚津市、朝イチで東京を発てばその日のうちに蜃気楼を観測して日帰りもできちゃう。そして観測場所のすぐそばで地の魚などを使ったグルメなランチも楽しめるという、最高のショートトリップでした。

蜃気楼の撮影に成功しました。
以下がその写真です。
蜃気楼

沖を航行する海上保安庁の巡視船です。
船体下部が上下線対称に反転した虚像が写っております。船の舳先の青いラインを見るとわかりやすいかも、また航跡の白波も反転像があるので音声波形のような形状になっていますね。

理解しやすいよう横線を一本引いてみました。
蜃気楼・線対称

この線をさかいに上下線対称になっているのがおわかりいただけるかと思います。もっと派手に蜃気楼が出たときは、この下側の虚像が船全体の規模になったりするそうです。このときは控えめな蜃気楼でした。

この巡視船の蜃気楼は動画で見るととても面白いので、以下のYouTube動画にてご確認ください。他の蜃気楼についても解説しております。

こちらは別の船も加わっての上下反転。
蜃気楼 船2隻

右手の船のほうが上下反転してる感じがよく出ていますね。

こちらはものすごくおかしな形状になってます。
蜃気楼 反転

公式に蜃気楼出現としてカウントされたのは以下の光景
蜃気楼の比較

動画でもお見せいたしましたが、ごく短時間のあいだにコンクリート堤防や建物の高さが大きく伸び縮みし、灯台の白黒模様の比率が変化しています。

A〜EランクのうちのEランクだったということで、こんな感じにとどまっていますけども、盛大に蜃気楼が出るときにはもっと長大な光景になると地元のカメラマンの方が仰ってました。ちなみにAランクは滅多に出ないそうです。

蜃気楼の予測を公開しているページ
http://micos-sa.jwa.or.jp/hokuriku/shinkirou/

魚津市ホームページ蜃気楼情報
http://www.city.uozu.toyama.jp/contents/kanko/sinkirou.html

朝イチで東京を出発、北陸新幹線で最速タイプの「かがやき」ではなく、やや停車回数が多い「はくたか」に乗車
北陸新幹線

およそ2時間後、JR黒部宇奈月温泉駅にて新幹線を降車。
名水の里 黒部

JR黒部宇奈月温泉駅の向かいにある富山地方鉄道・新黒部駅から電車に乗って新魚津へと移動。
新魚津

新魚津駅からは徒歩で向かいの、あいの風とやま鉄道(旧JR)魚津駅へと行きます。そちらの駅前に観光案内所などもあり、蜃気楼予測なども掲示してあります。
蜃気楼の見える確率

魚津駅前ロータリーのコミュニティバスに乗車し、海の駅 蜃気楼 にて下車。海の護岸が蜃気楼の観測スポットになっています。私の場合、到着は午前10時半ごろだったと思います。

多くの場合で蜃気楼は、11時〜16時に出現するそうなの東京からの日帰り観測もできますね。上記の予測ページや天気予報などを参考にしつつ行ってみると良いかと思います。
蜃気楼の観測

何時間も海辺で待つこともありえますが、地元の方々の解説を聞いていたり、食事をしてたりであっという間に夕方まで過ごせました。

海の駅「蜃気楼」ではイートインコーナーがありまして、麺類を中心にしたお店と、海鮮丼やお刺身を中心としたお店の2店があり、美味しい食事をしながら蜃気楼の出現を待てるので良かったです(^ ^)

海洋深層水をつかった深層水ラーメン
深層水ラーメン

富山湾の宝石「白エビ」やホタルイカなどの海鮮丼
海鮮丼

オプションでイクラを追加できた
いくら

生のホタルイカ含むお刺身定食!
刺身定食

ああ、また食べに行きたい(目的が違ってるw)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2016年4月27日 19:08

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー